螢袋を使用した俳句

螢袋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

螢袋を含む俳句例

露零す螢袋に道草す/高澤良一

柵の中蛍袋の変電所/高澤良一

蛍袋伏流水と韻き合ふ/後澤啼鳥

茫茫と沖ある螢袋かな/池田秀水

雨の日の螢袋に赤き筋/山本洋子

恋一つ螢袋の深さかな/山村恵子

雨か摶つ蛍袋も磯の花/木村蕪城

人指し指蛍袋に闖入す/高澤良一

鳩鳴くや蛍袋に埋もれて/鈴木太郎

蜂容れし螢袋は一行詩/小檜山繁子

古墳道螢袋の人呼べり/町田しげき

山門の蛍袋の中に入る/佐々木六戈

雨上る螢袋の地に触れて/嶋田義久

茶畑に螢袋の白ともる/瀧澤伊代次

大江山見えねば螢袋摘む/山田弘子

雨は天から天から螢袋かな/原田喬

宵月を蛍袋の花で指す/中村草田男

わが門の蛍袋を誰もいふ/野沢節子

道志みち蛍袋を手囲ひに/伊藤白潮

螢袋夢二の面長乙女めき/高澤良一

俳句例:21句目~

螢袋この頃祖のこと思ひ/山本洋子

人声の螢袋に来てやさし/高橋悦男

山の雨蛍袋も少し濡れ/高田風人子

夕風に釣鐘草のゆるぎ哉/杉野海棠

提燈花要所に点る城の径/甲斐遊糸

細腕に花の重さを釣鐘草/杉山青風

釣鐘や釣鐘草に相似たり/和田悟朗

どどどどと蛍袋に蟻騒ぐぞ/金子兜太

蘂ひとすぢ螢袋の中にあり/山西雅子

螢袋はっと大きな虻を吐く/大橋敦子

もう一つ螢袋を殖やす雨/櫛原希伊子

一人摘みみな摘む螢袋かな/山本洋子

佐比売野の蛍袋の濡れし白/山田弘子

垂れて咲く螢袋は雨の花/澤村/芳翠

子を思へば螢袋が眼を掠む/佐野良太

小走りに螢袋に駆け寄る子/高澤良一

峡暮るる蛍袋に灯が欲しや/泉/礼子

螢袋ふくろにためて濤の音/原田青児

螢袋咲く山小屋の裏梯子/柴田白葉女

睡魔ゐて螢袋を出られぬ日/清水径子

俳句例:41句目~

蛍袋雨はためずにぶらさがる/平赤絵

憎ひ蚊と同じ盛のほたる哉/横井也有

風見ゆれ釣鐘草の早鐘に/赤松けい子

さきの世の霧くる螢袋かな/久保田博

ずぶ濡れの螢袋の一輪挿し/高澤良一

書庫裏はさびし風鈴草に雨/田村了咲

母の墓提灯花に灯を入れよ/萩原麦草

そばかすの蛍袋は野辺育ち/朝倉和江

貨車の音重し釣鐘草の昼/二宮/美代

てふてふに螢袋の深すぎる/矢島渚男

釣鐘草道をなじみし土着の子/貞弘衛

曇り日も蛍袋の白さあり/阿部みどり女

螢袋は愁ひの花か上向かず/鈴木真砂女

ぬくみある螢袋のふくろかな/森田公司

ぐづついていちにち蛍袋かな/古舘曹人

きりぎしの螢袋のみな咲けり/伊藤敬子

蛍袋ほどの嘆かひこの子にも/仙田洋子

ももいろの釣鐘草の音色かな/柴/敦子

フィヨルドの水は動かず釣鐘草/有働亨

下山する釣鐘草の早や萎れ/片山那智児

俳句例:61句目~

夏野行けば釣鐘草も咲てゐる/北原白秋

彼の世より螢袋をもて吐息/赤松けい子

老境や空ほたる籠朱房垂れ/能村登四郎

在り慣れて蛍袋も繍線菊も/高濱きみ子

眠くならぬこのごろ螢袋かな/岡井省二

清水淋し提灯花はうつむきに/尾崎迷堂

螢袋さみしきときは首を振る/青柳照葉

蟻のより釣鐘草のうつぶせに/加舎白雄

螢袋消息問はれているごとし/齋藤愼爾

をさなくて螢袋のなかに栖む/野澤節子

釣鐘草まつしろの鐘雨に揺れ/福田蓼汀

釣鐘草江口の君の供華として/山口正秋

螢袋に指入れ人を悼みけり/能村登四郎

鐘出来て釣鐘草となりにけり/田村木国

雨降りや提灯花のいつかなく/遠藤梧逸

碧空に振れども鳴らず釣鐘草/西村碧雲子

札所道ほたるぶくろを刈り残す/宮田富昭

ほたるぶくろ水の速さの充満す/草間時彦

蛍袋詰めるは午後の鬱ならむ/原田かほる

螢袋のかたまりを見て川に入る/金田咲子

俳句例:81句目~

蛍袋リユックサックに何入れし/西村純吉

ほたるぶくろは湿原の彼方あり/和知喜八

釣鐘草蜂出づるまで揺れにけり/高井睦朗

風呂を焚く螢袋も日暮れたり/猪俣千代子

全身に痛みが及びほたるぶくろ/伊藤三代

逢ひたくて螢袋に灯をともす/岩淵喜代子

不死男氏の訃を知るほたるぶくろかな/原裕

螢袋鳴らしてみたきうつし世の/白旗いちこ

ひるまの母は雲より遠し釣鐘草/磯貝碧蹄館

一石仏ほたるぶくろをかざしたり/西本一都

蛍ぶくろ消えむばかりの雨到る/奥田とみ子

釣鐘草咲いて生きとし生けるもの/今泉貞鳳

森くらく微雨となりゆく釣鐘草/柴田白葉女

かはるがはる蜂吐き出して釣鐘草/島村/元

去り状を見て来てほたるぶくろの辺/高澤良一

高野夕風ほたるぶくろを吹いて来よ/村越化石

ほたるぶくろ重たき光ひとつづつ/山田みづえ

ほたるぶくろ求愛の語を吐き尽し/河野多希女

ほたるぶくろかこめる茅の青とばり/堀口星眠

老人ホームほたるぶくろの道のさき/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました