引く波を使用した俳句

引く波に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

引く波を含む俳句例

松風に千の波引く涼み台/原裕

浜波の引く音ばかり春の昼/黛執

磯遊び波引くたびに足残り/大牧広

引き際の波のすなほに桜貝/岬雪夫

飾焚く橙波に引かれけり/岸本尚毅

波引きし磯巾着のルビー色/広瀬一郎

引く波に壜の転び音海開き/奈良文夫

取りついて波引ち切る柳哉/正岡子規

引く波の引くたび残し桜貝/鷹羽狩行

引く波に抗ひ若布抱へ立つ/平賀扶人

胸中に引く波ばかり秋の浜/手塚美佐

引く波はまた寄せる波磯遊/佐藤静良

冬波の引き忘れたる毬ひとつ/中嶋秀子

引くときも二日の波の岩を越ゆ/田島十

引く波に貝殻鳴りて実朝忌/秋元不死男

引く波に鹿尾菜被きて礁現る/高澤良一

引く波の置いてきぼりに蟹の泡/中拓夫

波の引く奈落のみどり葉月潮/中村将晴

引く波を押し上ぐる波鷹渡る/長嶺千晶

夕焼や足裏くすぐり波引いて/米澤道子

俳句例:21句目~

秋日傘湖北の波は引くばかり/那須淳男

引く波を追ふかに進み踊の輪/香西照雄

引いてゆく長きひゞきや五月波/鈴木花蓑

引く波に小蟹巻かれゐたりけり/猿渡啓子

引く波に砂のつぶやく花の冷え/島田洋子

引く波の強さも二百十日かな/片山由美子

引つ越して卯波まぶしき町に住む/大高翔

春の日や目高はおのが波引きて/石塚友二

春の波引いてゆくなり時かけて/永方裕子

春の波引いて我影濡れてゐし/永野由美子

春光の波が引摺るほんだはら/阿部ひろし

引く波の湖にもありて星月夜/片山由美子

引く波の渚なだめて利休の忌/片山由美子

湖波の引くなく落花とめどなく/西村和子

磯巾着波引き寄せて管を上ぐ/赤木日出子

秋の波身を広げては引きにけり/藤木倶子

土用波引きざまにまた礁を呑む/佐野青陽人

引き波の速きに秋を惜しみけり/酒井十八歩

波引いていそぎんちやくの渚あり/稲畑汀子

海苔粗朶に潮引ききりし波の音/森田かずを

俳句例:41句目~

青北風の波引くはやさ荒布採り/山上樹実雄

波引けば砂のつぶやく小春かな/稲垣きくの

再会や時雨るゝ波止に手を引かれ/平尾みさお

引く波が岩間の鹿尾菜くしけづる/茂木連葉子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました