うしろ/後ろ/を使用した俳句

うしろ/後ろ/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

うしろ/後ろ/を含む俳句例

弔ひのうしろを通る裘/黛執

花を見て帰る後ろや朧月/熊二

刈株の後ろの水や秋日和/一茶

夏山のうしろ姿か青畳/仁平勝

木枯や灯心売のうしろ影/暁台

襟足や結城単のうしろつき/竹冷

踊見る人のうしろや秋の闇/定雅

鎌倉を後ろへ回し鱸舟/長谷川櫂

うしろより雨追来る焼野哉/太魯

見送りし朧々の後ろ影/高浜虚子

遠山の花に明るしうしろ窓/一茶

本堂の後ろの山の枯芒/野村泊月

墨染のうしろ姿や壬生念仏/太祇

返り花まへにうしろに摺り仏/目

薺摘むうしろしきりに塀雫/泊雲

芒道前にもうしろにも風が/和夫

狂院の後ろ涼しき松林/都筑智子

鶯のうしろ影見し冬至かな/几董

鴬や柳のうしろ薮の前/松尾芭蕉

鴬の日枝をうしろに高音哉/蕪村

俳句例:21句目~

秋の風跫音うしろより来る/楸邨

髪置やうしろ姿もみせ歩く/太祗

一木のうしろ百木夏の暮/桂信子

巌頭のうしろ巌頭青鷹/須佐薫子

獣めくうしろ姿や耳袋/吉波泡生

傾城はうしろ姿の寒さ哉/正岡子規

動かざる景がうしろに青柳/藤丹青

包丁のうしろ明りや初がつお/土芳

花衣女がさぐるうしろ帯/筑紫磐井

腕太き神がうしろに春の淵/渋谷道

行く人の後ろ見送り飾売/高浜虚子

元日や島のうしろの沖つ浪/原月舟

竹薮の後ろの山や後の月/高浜虚子

うしろから支へ柱や姥桜/正岡子規

うしろより凩逃す俳諧師/小林康治

躑躅咲くうしろや闇き石燈籠/桃隣

屋の後ろで巨蛤笑ってる/友田孝兄

踊りゐるうしろ姿のみな暗く/秋を

うしろより初雪降れり夜の町/普羅

唐人のうしろむきたる柳かな/許六

俳句例:41句目~

矢絣の後ろ背丈や冬休み/外川飼虎

漣にうしろ吹るゝ田植かな/炭太祇

雪隠の後ろに登る初日哉/会津八一

無縁坂うしろ姿の秋日傘/石川文子

うしろより雪嶺匂ふ夕茜/大石昌代

歌塚やそのまうしろも竹の秋/旭/

後ろ手の麦踏の黙引返す/笠原古畦

後ろ手に点る薄墨桜かな/五島高資

夕暮や嵯峨をうしろに鐘霞む/子鳳

きさかたや唐をうしろに夏構/桃隣

綱引のうしろを吹くや松の風/嵐来

後ろにも顔ある仏麦の秋/貝谷妙子

十二月いつも後ろに鴉いる/遠藤煌

業平の墓のうしろの落椿/安部和子

笹山のうしろ笹山鳥ぐもり/岸田稚

浦々のうしろに実なき榎かな/風蕎

墓拝む後ろに高き芒かな/内藤鳴雪

大仏は前とうしろの霞哉/正岡子規

竹生島うしろの島も日短/山本洋子

大年の大河のうしろ姿かな/西宮舞

俳句例:61句目~

積藁のうしろに赤し冬椿/籾山梓雪

一つ脱いで後ろに負ひぬ更衣/芭蕉

威し銃うしろに起り前展け/岸田稚

鷺や粟田の窯のうしろ藪/中川四明

鶯や柳のうしろ藪のまへ/松尾芭蕉

廃鉱を覗く秋風うしろより/有働亨

まへうしろ愁ひの雨の濃き薊/原裕

秋立や富士をうしろに旅帰り/鬼貫

荒鵜のうしろに海の横たはる/原裕

襟巻やうしろ妻恋坂の闇/小川千賀

弁天のうしろ姿は柳かな/正岡子規

鴬のうしろ影見し冬至哉/高井几董

秋やけさ耳のうしろの桐の風/成美

鳥曇黒身鴉のうしろ向く/村越化石

柿熟るるうしろの虚ろ峠見ゆ/昭彦

替履のうしろさびしや寒念仏/白雄

霜がれや壁のうしろは越後山/一茶

橋落てうしろ淋しき柳哉/正岡子規

白芥のうしろの原や青嵐/正岡子規

鉄舟の墓後ろより藪茗荷/小坂順子

俳句例:81句目~

万歳のうしろ姿も恵方道/高浜虚子

世の中をうしろの皺や衣がへ/支考

うしろ吹く強き海風晴着の子/原裕

門松やうしろに笑ふ武庫の山/鬼貫

男袴のうしろ涼しき鼓の音/桂信子

鏡餅うしろの正面畏けれ/三橋敏雄

鏡餅うしろに千の竹明り/平松良子

法師蝉しみ~耳のうしろかな/茅舎

水鳥や城の後ろの古き沼/石井露月

金草うしろ鏡に帯結ぶ/福川ゆうこ

人垣のうしろに僧や鶏合/鈴木鷹夫

人垣のうしろの闇や薪能/菊山九園

うしろより息熱く寄る孕み鹿/秦光枝

葬列のうしろが沈む花菜畑/広田エイ

初髪の女将のうしろ姿かな/米永/靖

梟のうしろを見たる者のなし/岡節子

春の闇噂がうしろ通り過ぐ/谷口桂子

落葉松に高音鶯うしろ向き/前田普羅

茶の花や庭のうしろの東山/正岡子規

漆掻くうしろ只見の川明り/佐藤俊子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました