季語/蜘蛛(くも)を使った俳句

俳句例:101句目~

一生を小田原城の蜘蛛として/岸本尚毅

一糸より作り始めし蜘蛛の網/三須虹秋

庭畑の地走り蜘蛛や柿の花/觀/伊藤觀

弓削島の蝿取蜘蛛に波高し/磯貝碧蹄館

荒壁の如蜘蛛の囲の立つてをり/上野泰

張り緊めて金剛力や蜘蛛の糸/石塚友二

葉先より葉先へ引かれ蜘蛛の糸/中田剛

蘆の生の蜘蛛囲顔撫づ祭来ぬ/森川暁水

虹色に蜘蛛の囲懸かる雨上り/上原花宵

蚊柱や蜘蛛の工のうら手より/高井几董

恋人はめんどうな人さくらんぼ/畑耕一

蜘蛛の囲に夢の白玉明け易き/寺田寅彦

我が肩に蜘蛛の絲張る秋の暮/富田木歩

凌霄花蝿取蜘蛛の飛びつきし/岸本尚毅

我が顔に糸残し居し冬の蜘蛛/右城暮石

我と蜘蛛招かれざる神笑殺す/川口重美

蜘蛛の囲の主冬眠したるさま/高木晴子

蜘蛛の囲の糸端探る目を皿に/高澤良一

戦ひたひたいざよひの袋蜘蛛/国見敏子

所在無き雨日を汝も女郎蜘蛛/高澤良一

俳句例:121句目~

蜘蛛の子の流れ糸にも連れる/松藤夏山

十薬の花ひつぱつて蜘蛛の絲/星野立子

蜘蛛の子の空を渡りて来りけり/原田喬

南無阿弥陀蜘蛛に生れで忘れ庵/中勘助

厚物の菊の顱頂に蜘蛛の子来/高澤良一

蜘蛛の子も等身大の影を持ち/谷口桂子

吹き降りの籠の芒や女郎蜘蛛/飯田蛇笏

蜘蛛の糸はや煤づける注連納/山本村家

蜘蛛の糸太藺一本たわみよせ/西山泊雲

故郷遠く一番星は蜘蛛の囲に/今瀬剛一

蜘蛛吹かれ花をうながす空の照/上村占

國破れて蜘蛛に宿かる山居かな/中勘助

蜘蛛太る盆地の人の静脈見え/飯島晴子

蜘蛛抱へとぶ蜂のあり笑意軒/堀口星眠

土蜘蛛の吐く糸無尽嵯峨念仏/岡本春人

土蜘蛛の往き来も夢や花の家/永田耕衣

土蜘蛛の撫でやる腹の珍無類/高澤良一

土蜘蛛を母と思ひて恐ろしや/永田耕衣

土蜘蛛を飼ふ竹籠も武蔵かな/桑原三郎

蜘蛛生れていまだ色なし夕山河/小澤實

俳句例:141句目~

坐りたる畳のしみは蜘蛛の糞/佐野良太

日脚のぶ余慶のひとつ蜘蛛の糸/上村占

塵取の手にも夕ベの蜘蛛の糸/鈴木花蓑

蜻蜒の羽根や主の蜘蛛は留守/寺田寅彦

壁上の蜘蛛うごくとき大いなる/畑耕一

春愁に指のひとつは鳴らざりき/畑耕一

行く春や反古につまみし夜の蜘蛛/碧童

袋蜘蛛没日の音を聴いてゐる/市川千晶

雪解風水面はしりて蜘蛛朱し/田中裕明

暁の蜘蛛跳んでをるなり土の上/上野泰

暮れいろの蜘蛛寸借の形して/栗林千津

月の蜘蛛いよ~糸のかゞやき来/森田峠

雲ゆくや行ひすます空の蜘蛛/飯田蛇笏

月涼しいそしみ綴る蜘蛛の糸/杉田久女

望月のいろを貰へり女郎蜘蛛/高澤良一

風にのる蜘蛛七彩の糸ひきて/江間蕗子

颱風の夜や向ひあふ蜘蛛の背/横山白虹

たらの芽に雨霽れ蜘蛛は成長す/宮武寒々

荒れなぎて囲の蜘蛛黄なる山泉/飯田蛇笏

荒れ凪ぎて囲の蜘蛛黄なる山泉/飯田蛇笏

俳句例:161句目~

足もとの落葉の上のめくら蜘蛛/高木晴子

身に入むや障子の音の朝の蜘蛛/野村喜舟

野芝居や台本に無き蜘蛛の糸/米澤吾亦紅

鍵かけて夜の浴槽たのし雪降れり/畑耕一

秋天につかまつてをる蜘蛛のあり/上野泰

葉裏よりおちたる蜘蛛や蓮の水/飯田蛇笏

こおろぎを蜘蛛と見誤るは恋し/永田耕衣

薇に吹かれてゐたる蜘蛛の糸/佐々木六戈

閻魔堂出て蜘蛛の囲に捉へらる/大橋敦子

獲物へと押っ取り刀の女郎蜘蛛/高澤良一

この淵とひかりあふもの蜘蛛の糸/中田剛

雄の蜘蛛挑まんとしき梅雨の雷/加藤楸邨

秋風に口を鍛へてゐたる蜘蛛/大木あまり

蜘蛛あまた鐘撞堂に生まれたる/岸本尚毅

するするとこの月明を蜘蛛上る/藺草慶子

雨垂れに打たれ渡るや太鼓蜘蛛/池田義朗

露をもて日を荘厳す蜘蛛の国/千代田葛彦

蜘蛛が弾く囲の琴の音の微かなる/上野泰

たれ下り蜘蛛は振子となりにけり/上野泰

青空にーすじあつし蜘蛛の糸/芥川龍之介

俳句例:181句目~

とくはしる水蜘蛛ありて秋の虹/飯田蛇笏

はえ捕蜘蛛三段跳の名手かな/田島/富子

ぱつと火になりたる蜘蛛や草を焼く/虚子

ひとすぢの蜘蛛の糸垂れ蟻地獄/行方克巳

蜘蛛つれて一級河川わたりけり/阿部完市

青空に一すぢあつし蜘蛛の糸/芥川龍之介

蜘蛛のすのちりかい曇夕べかな/服部嵐雪

灯影淋し野菊の鉢のかゝり蜘蛛/富田木歩

無残やな蜘蛛に喰はれし螢あり/会津八一

やがてまた芝生に紛れ雨の蜘蛛/依光陽子

石塔の時の重さよ蜘蛛飛びぬ/高木青二郎

驚天の蜘蛛の一條ありにけり/佐々木六戈

一人住む自在を蜘蛛に奪はれて/朝倉和江

一夜にして自転車捉ふ蜘蛛の糸/高澤良一

三人の晩餐蜘蛛に見られけり/大木あまり

鬼蜘蛛の囲も借り足長ぐもの網/天野博子

魂抜けしごとき破れや蜘蛛の網/鷹羽狩行

蜘蛛の囲に勿来の霧の珠なせり/岡田壮三

人来るを考へず蜘蛛糸を張る/木暮つとむ

今朝秋や蜘蛛が巣かけし肥柄杓/前田普羅

タイトルとURLをコピーしました