季語/草の花(くさのはな)を使った俳句

「草の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「草の花」について

【表記】草の花

【読み方】くさのはな

【ローマ字読み】kusanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・千草の花(ちぐさのはな:chigusanohana)

・百草の花(ももくさのはな:momokusanohana)

・草花(くさばな:kusabana)

・草花売(くさばなうり:kusabanauri)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

草の花を含む俳句例

好晴の畦には畦の草の花/稚

草の花綾子先生立ちつくす/原裕

牛の子の大きな顔や草の花/虚子

草の花悔多かりし生ながら/遷子

草の花青畝先生遊びし湯/岸田稚

武蔵野や雲に咲入る草の花/闌更

草の花孤独は天に蝶ふゆる/窓秋

露けさや石の下より草の花/一茶

野も山も聖霊くさし草の花/魯九

名園の道の細さよ草の花/会津八一

秋ふかし人切り土堤の草の花/風国

朝粥や大壺に挿す草の花/川崎俊子

草の花目立つところに道別れ/年尾

天涯に火色の雲や草の花/仙田洋子

せせらぎの歩めば消ぬる草の花/占

つぎ~に建ちて空家や草の花/松浜

嬉しさに淋しくなりぬ草の花/乙二

束にせむ思ひの丈や草の花/神崎忠

草の花川は人よりなまなまと/雅人

小童の高野下りや草の花/角田竹冷

俳句例:21句目~

少し降れる浅間の灰や草の花/桃子

湖のとつて渡世や草の花/福田蓼汀

力抜くことも生き方草の花/角光雄

径あるや径おのづから草の花/迷堂

一天にをさまる古墳草の花/遠野翠

足軽の秀吉が好き草の花/太田土男

一鍬に落せし水や草の花/野村泊月

絵絹灯籠虫の音近し草の花/調菅子

中学で終る子多し草の花/中川千鶴

鮎汲に童が流す草の花/米沢吾亦紅

憩ひたき石は石仏草の花/関口祥子

細道は犬がつけたる草の花/飴山實

飛ぶことの迅き蝶々や草の花/立子

五月雨や二軒して見る草の花/一茶

行末やつまさきにふむ草の花/耕衣

門ありて国分寺はなし草の花/梅室

鍋かけて焼塩つくる草の花/龍岡晋

教会に子供の声や草の花/大石悦子

汀ありて国分寺はなし草の花/梅室

空箱を大切にして草の花/小西昭夫

俳句例:41句目~

溝沿に近道するや草の花/西山泊雲

荒波の潮けぶり飛ぶ草の花/秋櫻子

遊びゐる鶏太白や草の花/皿井旭川

帰る家ありて摘みけり草の花/小島健

うたかたの天地何ぞ草の花/斎藤梅子

風の丘咲き替りたる草の花/塚原麦生

鳶のなく日のさびしさよ草の花/士朗

憩ふたび湧く親しさや草の花/大串章

散らばれる鯨の骨や草の花/長谷川櫂

敷島の道につくばふ草の花/椎本才麿

朝がほや裾は日もまつ草の花/千代尼

本名は頓とわからず草の花/夏目漱石

武蔵野はどこも庭先草の花/落合水尾

日々通ふ我が古径や草の花/松藤夏山

牛小屋の牛が顔出す草の花/嶺/百世

狂女来て我に分つや草の花/松瀬青々

総武線さみしき頃の草の花/尾関乱舌

美しき神蛇見えたり草の花/杉田久女

耕され土まみれなる草の花/太田土男

胸内に留めおく一事草の花/高澤良一

俳句例:61句目~

ふるさとは今も単線草の花/原田静子

能衣装干す八千草の花の上/細見綾子

自転車の大きな車輪草の花/石田郷子

もう用のなき車椅子草の花/稲畑汀子

草の花くぐる瀬早し牧の末/手島靖一

一字づつ文字を覚ゆる草の花/日原傳

草の花こきまぜ溢る飼葉桶/西村和子

草の花の畦を破るや落し水/西山泊雲

乞ければ刈てこしけり草の花/炭太祇

乞食に銭投げやるや草の花/西山泊雲

二度の足三度の足や草の花/皆川白陀

五月雨や二階住居の草の花/小林一茶

草の花仔牛とばせて面白し/西山泊雲

草の花掌熱く祈りにけり/柴田白葉女

草の花水水車場へ分れ行く/子規句集

草の花氷室名残りの上り坂/高澤良一

今昔のまはりこんだる草の花/松澤昭

道形に風のくるなり草の花/高澤良一

草の花生にも死にも水使う/保尾胖子

再会の手を永預け草の花/伊丹三樹彦

俳句例:81句目~

草の花秋見る程に闌れたり/尾崎紅葉

草の花鉄路のつくる三角地/高澤良一

血の池の血の鮮やかに草の花/林糺苑

衰の足にまだ来ず草の花/鈴木真砂女

西行も踏みし山路の草の花/稲畑汀子

親の股くゞる仔牛や草の花/西山泊雲

咲てうれし墓のほとりの草の花/菱湖

蹼のたどりつきたる草の花/石田郷子

野に死なば野を見て思へ草の花/支考

門燈の点きはじめけり草の花/龍岡晋

子の声に牛が応へて草の花/西浦一滴

陸果つるまで澎湃と草の花/近藤潤一

雨の日は海も匂はず草の花/皆川白陀

厳寒や夜の間に萎えし草の花/杉田久女

跼むとは影を抱くこと草の花/松岡隆子

草の花曲がりづらきは薬指/水野真由美

日に光りせゝらぐ水や草の花/西山泊雲

目高らも流れに抗す草の花/篠田悌二郎

ここからは道一筋や草の花/織部れつ子

草の花少しありけば道後なり/正岡子規

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ