季語/雉笛(きじぶえ)を使った俳句

「雉笛」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雉笛」について

【表記】雉笛

【読み方】きじぶえ

【ローマ字読み】kijibue

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

雉笛を含む俳句例

雉笛や邑川光る雲の下/巌谷小波

雉子笛に山湖の波は盲縞/北野民夫

雉子笛や邑川光る雲の下/巌谷小波

雉笛や丹波一国竹の湧く/小島千架子

雉笛の上手は雉の声となる/猪俣千代子

雉笛は雉よりさみし山よりも/守屋明俊

雉笛や目近になりし雨後の雉/椎橋清翠

雉子笛に霊峰谺かへしけり/小森都之雨

杣の子が雉子笛ならす暮春かな/飯田蛇笏

雉子笛を吹き森を見る空を見る/辻田克巳

雉笛やアトリエの窓あいてゐる/津高里永子

雉子笛や幾谷越えて来る雉子に/金子伊昔紅

ひそやかに雉笛と云ふものを吹く/城谷/すぎ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ