季語/目貼剥ぐ(めばりはぐ)を使った俳句

「目貼剥ぐ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「目貼剥ぐ」について

【表記】目貼剥ぐ

【読み方】めばりはぐ

【ローマ字読み】mebarihagu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「め」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

目貼剥ぐを含む俳句例

新しき目貼貼るため目貼剥ぐ/源鬼彦

目貼剥ぐや四月第一日曜日/二唐空々

目貼剥ぐ小農牛の眼に高し/古舘曹人

前蔵と向き合ふ母屋目貼剥ぐ/手塚美佐

目貼剥ぐチエホフ全集踏台に/火村卓造

農を継ぐ心定まり目貼剥ぐ/竹田はるを

ながらへて恥ある目貼はがしけり/龍岡晋

よき紙の目貼は潔く剥がれ/宮城きよなみ

張合ひのありし暮しの目貼はぐ/高濱虚子

潮の香の風すいすいと目貼剥ぐ/田中田吉

目貼はぐや故里の川鳴りをらむ/村越化石

目貼はぐ海原に藍もどりしと/成田智世子

目貼剥ぐみ仏はなほ厨子ごもり/八染藍子

目貼剥ぐや故里の川鳴りをらむ/村越化石

目貼剥ぐ空のひろさに歌ふ子よ/豊山千蔭

手応えもなく剥されし目貼かな/松田弟花郎

目貼り剥ぎカレンダー剥ぎ閉づ番屋/石川文子

目貼剥ぐ端より洩れくる日の匂ひ/宮本求菩子

童子来よ蚕屋の障子の目貼り剥ぎ/長谷川かな女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ