季語/蚯蚓(みみず)を使った俳句

俳句例:101句目~

みみず鳴く夜は暁へすこしづつ/坊城俊樹

みみず鳴く鋳物の町の溶滓捨場/高橋冬竹

道標をいくばくか過ぎ蚯蚓死す/中島斌雄

アジアの日しんと蚯蚓に蟻群がる/徳弘純

テレパシー感じる右手蚯蚓鳴く/斉藤浩美

雑器窯すこし卑しみ蚯蚓鳴く/文挟夫佐恵

雨あがり蚯蚓鳴き子ら家にある/田村了咲

雷の晴れ倒れし酒旗に蚯蚓かな/飯田蛇笏

一葉掃けば蚯蚓縮みて土の冷え/飯田蛇笏

三味線をひくも淋しや蚯蚓鳴く/高濱虚子

丸きもの地球がひとつ蚯蚓鳴く/栗栖浩誉

亀も蚯蚓も泣くと云爾国いかに/三橋敏雄

他に鳴くもののなければ蚯蚓鳴く/蔦三郎

鶏頭の色ひいて蚯蚓かくれたり/奥寺秋芳

蚯蚓鳴くらしきあたりへ眠り落つ/徳弘純

わが月日蚯蚓に知られゐたりしよ/栗林千津

えさ籠に明日をもしらで蚯蚓鳴く/羅蘇山人

古き悔かかる夜蚯蚓鳴くなめり/下村ひろし

蚯蚓ほどに渇きて知らぬ街にあり/清水衣子

目鼻なきものの冥さに蚯蚓出づ/金箱戈止夫

俳句例:121句目~

蚯蚓鳴くこの世に終りあるごとく/郡司野鈔

明るき雨みみず急ぐがごとく伸ぶ/原田種茅

指先より何か逃げゆく蚯蚓鳴く/沖田佐久子

みみず鳴く古き指輪の愛の文字/稲垣きくの

みみず鳴くや肺と覚ゆる痛みどこ/富田木歩

駅前の蚯蚓鳴くこと市史にあり/高山れおな

蚯蚓鳴く上戸にまじる下戸ひとり/橋本榮治

朝すでに砂にのたうつ蚯蚓またぐ/西東三鬼

蚯蚓鳴く人の来ぬ夜のつづきけり/森川暁水

子供地をしかと指しをり蚯蚓這ひ/高濱虚子

蚯蚓鳴く古文書にある飛騨一揆/西村三穂子

みみず鳴くそを聞く顔を怖るゝか/石田波郷

みみず地に乾きゆくとき水の記憶/和田悟朗

草枯に蚯蚓呑みゐる蜥蜴かな/長谷川零餘子

蚯蚓鳴く鳴かねばならぬ訳を聞く/岡野洞之

宇陀郡は月光の捨て場蚯蚓鳴く/河原枇杷男

土の気に厭きて蚯蚓の出で来る/相生垣瓜人

何をしにここに出てきて蚯蚓死す/谷野予志

みちのくの蚯蚓短かし山坂勝ち/中村草田男

古釘になろか蚯蚓にもどろうか/津沢マサ子

俳句例:141句目~

口に入りし抜毛を噛めり蚯蚓鳴く/森川暁水

むしばまれゆく日に蚯蚓てんてんす/臼田亞浪

みみず鳴く引きこむやうな地の暗さ/井本農一

みみず鳴く眼鏡ふたつに使はれて/岡本まち子

蚯蚓鳴く睡り浅きはかなしきこと/八幡城太郎

とび跳ねてゐたる蚯蚓が這うてゆく/市場基巳

蚯蚓にも来し方行くへあらむずる/相生垣瓜人

思ひきり伸びて蚯蚓の庭を這ふ/六久保/碧水

風呂の湯をぬけば蚯蚓の鳴き止みぬ/寺田寅彦

土用果ての雨に蚯蚓のともしけり/金尾梅の門

蚯蚓生るこのみづいろの地球より/長谷川秋子

どぶくさき路地を這入れば蚯蚓鳴く/寺田寅彦

蚯蚓鳴くあたりへこゞみあるきする/中村草田男

みみず鳴く草履編みため編みため死に/武田伸一

蚯蚓鳴くエゴン/シーレの絵の中に/和田耕三郎

蚯蚓なくあたりへこゞみあるきする/中村草田男

蚯蚓ばかりみずみずしい出かせぎの国/駒走鷹志

蚯蚓出て高下駄を鳴りとどろかす/長谷川かな女

必ず来る要らなくなる日みみず鳴く/田川飛旅子

蚯蚓鳴く路地を死ぬまで去る気なし/鈴木真砂女

俳句例:161句目~

蚯蚓のこゑで泣きてこの夜の夢終る/小檜山繁子

もの提げて手が抜けさうよ蚯蚓鳴く/八木林之助

ひかりは日の血津軽生れの蚯蚓のいろ/磯貝碧蹄館

うそ寒や蚯蚓の唄も一夜づゝ/一茶/文政二年己卯

子宝が蚯蚓のたるぞ梶の葉に/一茶/文化十一年甲戊

タイトルとURLをコピーしました