季語/籾(もみ)を使った俳句

俳句例:201句目~

籾すりの月になるまで音すなり/河東碧梧桐

夜焚火のあかりどんどん籾はこび/橋本鶏二

死の襞をはらへばひとつ籾落ちぬ/河原枇杷男

日向辺や籾がらにつばきくづれてる/北原白秋

日かげよりたゝみはじめぬ籾むしろ/高濱虚子

友とわれ育ちし籾穀に日照雨して/北原志満子

籾を摺る籾のほこりとあたたかく/長谷川素逝

籾摺りのほこりにしまり日の障子/長谷川素逝

籾がらを敷きそらまめの芽の日和/長谷川素逝

田の面昏れなほ籾摺をしてをりぬ/佐久間慧子

籾を摺り摺りつつぞいふ世のさむさ/加藤楸邨

ひざまづき籾おしひろげおしひろげ/古屋敷香葎

籾干すやカンナいつまで咲くことか/金尾梅の門

籾を干するすの日なたの日もすがら/長谷川素逝

籾むしろ打つ音かなしく暮れのこる/軽部烏帽子

沖よりの東風リンゴ揚荷の籾こぼれ/神尾久美子

籾磨りの籾に埋まりゆくめをとの足/安斎櫻カイ子

股引の皺から籾こぼれかたくなに生きる/栗林一石路

籾を摺るあかつきの灯をつけにけり/五十崎古郷句集

秋の季語
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました