季語/もんぺを使った俳句

「もんぺ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「もんぺ」について

【表記】もんぺ

【読み方】もんぺ

【ローマ字読み】mompe

子季語・関連季語・傍題・類語など

・もっぺ(もっぺ:moppe)

季節による分類

・「も」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

もんぺを含む俳句例

ぐい~と軍の力縞もんぺ/河野静雲

山下りてもんぺ鮮し春祭/石田波郷

妻がけふ絣のもんぺ燕来る/皆川白陀

茶摘みせし絣もんぺの膝ついて/綾子

そば餅や浜田庄司の紬もんぺ/細見綾子

もんぺ着しうしろ姿の蝗とり/松藤夏山

春の雨絣のもんぺ捨てきれず/大内テル

水仙や羨しき尼の黒もんぺ/殿村莵絲子

雰の國もんぺの國に參りける/寺田寅彦

まだ見える桜の奥のもんぺかな/杉野一博

みちのくのもんぺ嫌ひの女かな/吉田木底

終戦のあの日のもんぺめくら縞/石川とみ

胸高くはきしもんぺや種を蒔く/橋本鶏二

芝の火にもんぺの妻が暮れ残る/永井龍男

金屏にもんぺの新婦鼓のごとく/宮武寒々

黒もんぺ干しあり春の雨降れり/中山純子

もんぺ穿き傘たばさみて子規墓参/高浜虚子

山に住むもんぺ胸まで上げて穿き/岩佐信子

曳き売りの縞のもんぺに小銭鳴る/松浦俊子

猿に似るもんぺ穿きけり渋を搗く/河東碧梧桐

俳句例:21句目~

小米花つけ始めたりもんぺを脱いで歩く/安斎櫻カイ子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ