季語/春光(しゅんこう)を使った俳句

「春光」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春光」について

【表記】春光

【読み方】しゅんこう

【ローマ字読み】shunko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春色(しゅんしょく:shunshoku)

・春の匂(はるのにおい:harunonioi)

・春景色(はるげしき:harugeshiki)

・春容(しゅんよう:shunyo_)

・春望(しゅんぼう:shumbo)

・春景(しゅんけい:shunkei)

・春の色(はるのいろ:harunoiro)

・春の光(はるのひかり:harunohikari)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春光を含む俳句例

春光の落書笑う指の丸/兵庫池人

磔像の全身春の光あり/阿波野青畝

春光や鳩の曳きゆく鳩の影/杉良介

春光や金の鳩抱く乙女像/満田玲子

大漁に春光まぶし網の中/西嶋明美

川渡る電車に春の光満つ/後澤啼鳥

春光や蘆にも見えて波一重/原石鼎

春光に人語鳥語の谺かな/梅谷紀子

春光や紫を帯ぶ毒魚の瞳/富安風生

春光の遍けれども風寒し/高浜虚子

春光やクルスを刻む鬼瓦/水原春郎

羅宇竹に春光濯ぐ大斜面/橋本夢道

春光や斧失いしは軽き病い/児玉悦子

春光の空の打擲杭打たれ/小林美夜子

春光や窯入れを待つ壺の肩/川崎俊子

春光や岩に嘴研ぐ川がらす/田中俊尾

春光の沼改めて大いなる/石井とし夫

春光を白樺白として受ける/手塚基子

目を細め春光の浜一つゞき/清崎敏郎

春光のもつともしるく竹の青/星野立子

俳句例:21句目~

春光へすべり落ちたる領収書/岡田史乃

春光を壁に塗りこむ鏝さばき/山本孟辰

春光やさゞなみのごと茶畑あり/森田峠

春光や遠まなざしの矢大臣/吉岡禅寺洞

店奥にゐて春光を感じる日/岩川みえ女

春光を砕きては波かがやかに/稲畑汀子

春光に消えなんと立つ雪の嶺/相馬遷子

春光のあまねきときぞ吾も仏/星野立子

若からぬ歩に春光の銀座憂し/村上光子

香合にのせ春光を廻したる/深見けん二

下駄履や春光をぬひ蕎麦屋まで/加藤隆一

春光に面テを上げて退官す/樹生まさゆき

春光や掌でぬぐひやる父の位牌/村越化石

春光やこぼれてはづむ金米糖/龍野よし絵

春光に艶惜しみなき牡牛の背/柴田白葉女

春光に指のかげ置く書をひらく/藤後左右

藪の穂の春光こぼれ交しつつ/松本たかし

春光の手のひらいっぱい自由市場/石川青狼

ステッキを振れば春光ステッキに/田中王城

かざす手の春光へだてがたきかな/嶋田一歩

俳句例:41句目~

春光の滝打つばかりサキソフォン/鈴木修一

遅子得て春光いよいよまぶしくなる/赤城さかえ

春の光体降るはリルケのわすれもの/高橋比呂子

河水厚く青く春光を載せて行くなり/夜の富士/秋山秋紅蓼

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ