季語/椋鳥(むくどり)を使った俳句

「椋鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「椋鳥」について

【表記】椋鳥

【読み方】むくどり

【ローマ字読み】mukudori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・むく(むく:muku)

・小椋鳥(こむくどり:komukudori)

季節による分類

・「む」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

椋鳥を含む俳句例

椋鳥百羽命拾ひし羽音かな/太祇

雪晴や椋鳥家族庭前に/堀口星眠

大欅最も高き枝に椋鳥/高木晴子

一山の椋鳥集め椋大樹/力丸青花

椋鳥の千羽傾く春の嶺/飯田龍太

椋鳥の大群雨のおん祭/右城暮石

椋鳥に枝の少き畦木かな/永松西瓜

椋鳥渡る出船送りし港町/西村公鳳

椋鳥や島の高みの勅願寺/阪本謙二

椋鳥を仰ぎ墓参の二家族/藤田湘子

しば~や椋鳥通る庵の空/鈴木花蓑

嘴赤き椋鳥ゐたり別れ霜/堀口星眠

椋鳥空に浸水す町朝焼す/石原舟月

百千の椋鳥が欅に鬼城の忌/磯石子

椋鳥や天上すでに北の音/中澤康人

春いまだ椋鳥何の歓声ぞ/堀口星眠

榎の実ちる椋鳥の羽音や朝嵐/芭蕉

椋鳥の卵青しや戸袋に/瀧澤伊代次

椋鳥の沢山来れば烏逃ぐ/高野素十

椋鳥の立ちて行きたる榎哉/山本洒石

俳句例:21句目~

椋鳥渡り北上の水白く見ゆ/皆川白陀

椋鳥を日癖に暮るゝ空もあり/飴山實

椋鳥のこぼれ残りし梢かな/星野立子

椋鳥のしばらく宙に畦青む/堀口星眠

かの丘の桜桃椋鳥が一瞥す/栗生純夫

椋鳥のとまる枯枝いと細か/高濱年尾

椋鳥や牛飼人も子を連れて/藤田湘子

椋鳥の夕日の中に遠ざかる/岩切葉子

椋鳥の飛翔律儀や薔薇の雨/堀口星眠

久闊を叙し椋鳥を共に仰ぐ/富安風生

椋鳥の嬌声こぼれ冬ざるる/堀口星眠

父娘して蕗むく雨の厨かな/菖蒲あや

泣き虫の子もいて茜椋鳥の町/飴山實

遠縁といふ高齢と椋鳥仰ぐ/宮津昭彦

樹の梢椋鳥となり立ちにけり/不破博

山の端に椋鳥のあらしや二日月/兀子

川流れ棺衣金襴椋鳥の森に/成田千空

人われを椋鳥と呼ぶ諾はむ/富安風生

蝦夷椋鳥空を覆ひて来りけり/千葉仁

椋鳥駈けて夏草雨を催しぬ/内藤吐天

俳句例:41句目~

交み椋鳥宙で分れて雪ぐもり/岸田稚

椋鳥や分れて戻る二羽三羽/鈴木花蓑

背の順に並び一列椋鳥仰ぐ/太田土男

椋鳥と人に呼ばるゝ寒さ哉/小林一茶

椋鳥に愛の兆しやはだれ雪/堀口星眠

空深む絣十字に椋鳥撒いて/野沢節子

椋鳥の群を吸ひたる大樹かな/今河古朗

椋鳥の群去りて残りし五日月/山田弘子

椋鳥の群滑りおち田をはしる/木津柳芽

椋鳥の黄色の足が芝歩く/坊城としあつ

椋鳥は目もておくらむこの姿/木津柳芽

みささぎの森を騒がす椋鳥の群/飯島愛

椋鳥渡る羽音朝霧街を閉ず/金尾梅の門

むくどりや野川草の実うち被り/及川貞

椋鳥逃げず映画へ急ぐ懐手/田川飛旅子

背戸の木に椋鳥がむれ飯熱し/橋石和栲

蒼き空椋鳥の波わたるなり/水原秋櫻子

雨の日の早寝の椋鳥か楔文字/福永耕二

頭上渡る椋鳥の大群光りけり/富田木歩

風愉し雀をまじえ椋鳥発てば/成田千空

俳句例:61句目~

鵯鳴けば椋鳥黙り又しやべり/高濱年尾

日暮るると椋鳥の百騒ぐなり/石田郷子

本能寺空にぎつしり椋鳥眠り/細川加賀

桜桃や尖りそめたる椋鳥の嘴/栗生純夫

椋鳥さわぐ天界不況和音なし/影島智子

椋鳥とんで妻にかがやく西真赤/飴山實

椋鳥に障子開け出て僧あくび/河野静雲

椋鳥の渦ほぐれくる分校址/坂本山秀朗

椋鳥のめをとも急ぐ野火熾ん/堀口星眠

椋鳥の一樹に群れて街昏るる/竹吉章太

椋鳥の一羽だけゐる休耕田/矢口由起枝

椋鳥の嘴太の稚気信ずるよ/稲垣きくの

椋鳥の声黍原朝の霧まとふ/金尾梅の門

椋鳥の木の実の嘴を右往左往/星野立子

椋鳥の椋をはなるゝときの数/武田飴香

麦秋の天城をさして椋鳥の群/石原舟月

椋鳥の渦相合ふ空に武甲あり/岡田貞峰

椋鳥の吹きこぼれては軒下に/増田手古奈

いつせいに椋鳥鳴くや川晴れて/安原楢子

かがやいて天より椋鳥や桜んぼ/栗生純夫

俳句例:81句目~

椋鳥のこぼして椋の実なりける/岸風三樓

新河崖川の椋鳥を眺むる電話口/斉藤夏風

むくどりの水田あそびや苗二寸/藤田湘子

渡り椋鳥つく木のありて廃漁港/大野林火

日盛の椋鳥ををさめて欅あり/八木林之介

椋鳥騒ぎ園の便所へ子を急かし/北野民夫

椋鳥がかこめばくるふ冬日かな/加藤楸邨

久に来て杉並区椋鳥群れゐたり/石川桂郎

刈田翔ち来て椋鳥の好きな枝/小島千架子

椋鳥殖ゆるもの大学は滅ぶもの/宮坂静生

椋鳥のくる一樹より景横長に/中戸川朝人

椋鳥は神代より在る樹々を知る/久米正雄

椋鳥空摶つて新涼の日ざしかな/太田鴻村

椋鳥や五月アパート建ちそむる/小池文子

椋鳥の群九輪にすべてとまり得ず/森田峠

椋鳥あふれゆき保線夫らまた残る/飴山實

椋鳥の使い捨てゆく深空かな/平井久美子

椋鳥の今も糞場のむらしぐれ/廣江八重櫻

椋鳥や梢にあふれ飛ぶ四五羽/水原秋桜子

椋鳥のぶつかり合ひて渡りけり/渡辺白泉

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ