季語/群雀(むれすずめ)を使った俳句

「群雀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「群雀」について

【表記】群雀

【読み方】むれすずめ

【ローマ字読み】muresuzume

子季語・関連季語・傍題・類語など

・錦鶏児(きんけいじ:kinkeiji)

季節による分類

・「む」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

群雀を含む俳句例

白雨や草葉をつかむ群雀/蕪村

白露の日海に広がる群雀/中拓夫

粟まきの跡踏みつけに群雀/可南

晴れし日の群雀沈め葱畑/佐野美智

木枯に吹かれて落ちる群雀/杉山青風

種麻につく群雀や出水原/金尾梅の門

群雀谷のふかきにわが残る/桂樟蹊子

群雀飛んで枯野の色を出ず/橋本榮治

群雀落つわが胸白い堰のごと/金子皆子

群れ雀蕎麦刈り時を知らせけり/日向白山

案山子たつれば群雀空にしづまらず/飯田蛇笏

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ