季語/滑子(なめこ)を使った俳句

「滑子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「滑子」について

【表記】滑子

【読み方】なめこ

【ローマ字読み】nameko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・なめたけ(なめたけ:nametake)

・滑子汁(なめこじる:namekojiru)

季節による分類

・「な」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

滑子を含む俳句例

白樺の雫あはれになめこ売/桂樟蹊子

籠あけて雪の匂の滑子なり/三宅句生

なめこ掻く林中の声四重唱/殿村莵絲子

塗椀に湯気あそぶなりなめこ汁/飴山實

昏きよりなめこを掴む女の手/野澤節子

なめこ汁谷々の夜が来てゐたる/村越化石

他家の忌を修しし疲れなめこ汁/北野民夫

霧さむき月山なめこ食ひ惜しむ/加藤楸邨

さきだてる巻尾の犬となめこ採り/福田蓼汀

惜命の一と日一と日の滑子汁/長谷川かな女

きやうだいのやさしかりけりなめこ汁/山口青邨

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ