季語/七種(ななくさ)を使った俳句

「七種」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「七種」について

【表記】七種

【読み方】ななくさ

【ローマ字読み】nanakusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・七草粥(ななくさがゆ:nanakusagayu)

・七日粥(なのかがゆ:nanokagayu)

・七種はやす(ななくさはやす:nanakusahayasu)

・薺はやす(なずなはやす:nazunahayasu)

・七種打(ななくさうち:nanakusauchi)

・薺打(なずなうち:nazunauchi)

・薺の拍子(なずなのひょうし:nazunanohyoshi)

・宵薺(よいなずな:yoinazuna)

・若菜迎え(わかなむかえ:wakanamukae)

・叩き菜(たたきな:tatakina)

・七所祝(ななとこいわい:nanatokoiwai)

・七雑炊(ななぞうすい:nanazosui)

・七種貰い(ななくさもらい:nanakusamorai)

・二薺(ふたなずな:futanazuna)

・七種売(ななくさうり:nanakusauri)

・若菜売(わかなうり:wakanauri)

・薺売(なずなうり:nazunauri)

季節による分類

・「な」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

七種を含む俳句例

七種や今を昔の粥の味/鴻村

七種や女ぞろひの孫曾孫/梧逸

七種の花の夜あけや渡鳥/ため

七種や謡本手にお隣りへ/つる女

七種や明けぬに婿の枕もと/其角

七種の薺神饌田に摘む/皆川東水

七草をきざむ俎新しく/谷田好子

七種や粧ひしかけて切刻み/野坡

七種の夜を根深煎る隣あり/也有

海鳴りへ七種を打つ音加ふ/柏禎

行燈に七種はやす手暗がり/句仏

七草や神も蓬が島あそび/白/尼

七草や派手な暮しも芝居もの/勇

七草や女夫めをとに孫女夫/野坡

七草や兄弟の子の起そろひ/太祇

七草やけふ一色に仏の座/支/考

天暗く七種粥の煮ゆるなり/普羅

とけそめし七草粥の薺かな/立子

七草やあらしの底の人の声/麦水

中宮寺見えて七草摘み揃ふ/孝子

俳句例:21句目~

七種や沖より雨の強まり来/貞弘衛

七種や西も東も雪の山/大峯あきら

七草の雨夜トランプ睡くなる/鬼房

七日客七種粥の残りなど/高浜虚子

七種やもう編笠の人通り/浜田酒堂

七草や母の丈こし男の子/長谷川櫂

七種や母の火桶は蔵の中/黒田杏子

七種籠柄長く置ける書棚の前/風生

七草の電話の声の女の子/長谷川櫂

雪国に来て七草の芹の香よ/小島健

七草をうち出しけり母屋の灯/裸馬

七種や七日居りし鶴の跡/松岡青蘿

七草の名札新らし雪の中/鈴木花蓑

七種や全き虹を称へつつ/田代朝子

七草粥佛に選ぶ白茶碗/八牧美喜子

七草粥川の明るさ背にのこり/子郷

七草や襟にはね込む薄氷/中村史邦

庭水辺摘む七草の芹紅に/山口青邨

忠霊につゞく七草揃ひけり/齋藤玄

母許や春七草の籠下げて/星野立子

俳句例:41句目~

籠に植う春七草の年用意/松藤夏山

七草の粥煮ゆる間の炉の火色/井上雪

七種や爪にも齢兆しをり/山崎ひさを

七草の粥のあをみやいさぎよき/青々

七種のひびきからある水の音/千代尼

くちびるを七種粥へ尖らせる/蔦三郎

七草粥の段通の座につきぬ/長谷川櫂

七草を打ちしづかなる命かな/井上雪

七草を売る丸ビルの花屋かな/清水浩

七種に更に嫁菜を加へけり/高浜虚子

七草の屠蘇の色濃く酔ひにけり/桂子

七種を買ふ手軽さの一括り/高橋淑子

七草や松の根に注ぐ残り酒/坪野文子

山並めし伊豆や七草七ツ瀧/矢島渚男

七草や風呂の煙の木の匂ひ/兒玉南草

七草や夫婦の丈夫な飯茶碗/池田澄子

七種粥欠けたる草の何何ぞ/鷹羽狩行

七種の庖丁鳴りし伊那盆地/中澤康人

人戀し春の七種数ふれば/加倉井秋を

七草の土間の奥より加賀言葉/井上雪

俳句例:61句目~

七草や雪を払へばそれでなし/千代尼

園枯れぬ春の七種秋の七種/高濱年尾

大事なり七種籠に水やるも/石川桂郎

七種の日の額白の馬とをり/友岡子郷

客二人七種はやす戸に来る/高浜虚子

つゝましく箸置く七草粥の朝/及川貞

七種の白猫畦を歩きをり/大峯あきら

帯高く七種籠を提げてきし/黒田杏子

はらわたに七草残る佛とも/青木重行

七草のはこべら莟もちてかなし/青邨

七草に更に嫁菜を加へけり/高浜虚子

七草のまことに淡き粥の味/角川春樹

七草の雪降る渡り廊下かな/長谷川櫂

七種やほの~しらむ厨窓/高橋淡路女

七草や粥にあつまる門弟子/中川四明

七草粥形見の箸を揃へけり/角川照子

七草の苗札立ちて何もなし/石川桂郎

七種や薺すくなの粥すする/臼田亞浪

七種や夕焼海の中にあり/鈴木多江子

七草に鼠が恋もわかれけり/高井几董

俳句例:81句目~

昭和史閉ず七草粥に白き膜/寺井谷子

朝雲のよき七草を囃しけり/阿以鎮雄

末寺とて七草までを休みをり/神蔵器

七種や庄司が谷の杓子舞ひ/水田正秀

湯上りの七草爪をとりて昼/下田実花

竹剪って七草粥の椀づくり/富田潮児

黒楽茶碗七種粥の匂ふなり/近本雪枝

羽黒巫女露の七草摘み足らふ/森澄雄

夫へ盛る七草粥や古天目/上野さち子

我庭に春七種の一つ欠く/阿部みどり女

日当りの七種籠も丈けてあり/高木晴子

煮させけり七種粥を八日にも/林原耒井

胸の闇濃ゆく七種粥冷ゆる/小松崎爽青

静かなる七種までの日を重ね/高木晴子

七草に喩ふればはこべらの妻/三森鉄治

七草のため背高泡立草を攘つ/川崎展宏

七草のつねの夕焼空なりし/石田いづみ

七草のつみ揃はねば歩きけり/菊山九園

七草を三篇うつた手くびかな/服部嵐雪

七草の一つ加へてサラダ盛る/斉藤静枝