季語/七日(なぬか/なのか)を使った俳句

「七日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「七日」について

【表記】七日

【読み方】なぬか/なのか

【ローマ字読み】nanuka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・人日(じんじつ:jinjitsu)

・人の日(ひとのひ:hitonohi)

・元七(がんしち:ganshichi)

・霊辰(れいしん:reishin)

・人勝節(じんしょうせつ:jinshosetsu)

季節による分類

・「な」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

七日を含む俳句例

金粉は盃の底七日暮れ/平野卍

俎の鯉となりたる七日かな/原裕

曳舟や人の恋しき松七日/館岡沙緻

食積や七日過ぎたる為體/尾崎紅葉

昭和逝く七日の夜の雨の音/関森勝夫

穂俵も七日事なき深みどり/竹原泉園

七日はや羽織の下の帯ほそく/麻田鶴

鳥骨となるに七日の日和かな/金子晉

一握の海光となる浜七日/薄井登美女

息白く七日の家長家を出づ/石田波郷

うちつれて七日祝ふや門弟子/数藤五城

みちのくの七日よ雪の幾起伏/猿田禾風

七日から松葉むしりの遊び哉/中川四明

七日なり鵯も頻に囃しをり/相生垣瓜人

七日はや煤によごれし軒雀/志摩芳次郎

昭和逝く七日の夜を髪洗ふ/蓬田紀枝子

炭なりて眠れる竃の七日かな/石川桂郎

荒海の佐渡に日当る七日かな/安達峰雪

菜畑に人の動ける七日かな/伊藤千代子

商売に本腰入るる七日かな/鈴木真砂女

俳句例:21句目~

髷解きて心軽さの七日かな/岩瀬白萩女

昭和果つ七日の波頭すべて鎖/熊谷愛子

すずろいでて松笠拾ふ七日かな/渡辺水巴

ひつそりと七日も過ぎぬ福沸/宮部寸七翁

不機嫌に樫の突つ立つ七日かな/熊谷愛子

仰向けに転び七日の宇宙かな/中村まさ子

六日八日中に七日のなづなかな/上島鬼貫

日のぬくみ欅にありて七日かな/永方裕子

山畑に火を放ちをる七日かな/大峯あきら

机上やや乱れはじめて松七日/間藤衣代子

煮大根のくづれ加減も七日かな/清水基吉

日の中に福藁散るも七日かな/小宮山政子

酒断つて七日の床をぬけいだす/石川桂郎

三輪山のひそめる闇も七日かな/星野麦丘人

深爪がいたし七日の菜を打てば/中尾寿美子

火を焚いて七日の榧の木のほとり/岡井省二

地下足袋の紺の匂へる七日かな/北見さとる

七日銀座獅子舞が人を見て佇てり/長谷川かな女