季語/獏枕(ばくまくら)を使った俳句

「獏枕」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「獏枕」について

【表記】獏枕

【読み方】ばくまくら

【ローマ字読み】bakumakura

子季語・関連季語・傍題・類語など

・獏の枕(ばくのまくら:bakunomakura)

・獏の札(ばくのふだ:bakunofuda)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

獏枕を含む俳句例

因はれの銀河系中獏枕/三橋敏雄

うつゝなき妹が笑ひや獏枕/松瀬青々

もどきの絵一枚敷きて獏枕/矢島久栄

三途の川渡りそこねし獏枕/鈴木智子

世の流れ変るともなく獏枕/平川常迺

夫が手の確かめにくる獏枕/大石悦子

空ごとと思へど捨てず獏枕/佐藤紅緑

こんこんと親子の眠り獏枕/高橋淡路女

獏枕妻より子より早寝して/大久保白村

獏枕子のよき夢をつゆ知らず/赤尾兜子

なか~に寐つきかねたる獏枕/高橋淡路女

思ふことある身なりけり獏枕/高橋淡路女

獏枕なみのりふねの音聞かな/窪田佳津子

獏枕わりなきなかのおとろへず/飯田蛇笏