季語/鶯餅(うぐいすもち)を使った俳句

「鶯餅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鶯餅」について

【表記】鶯餅

【読み方】うぐいすもち

【ローマ字読み】uguisumochi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「う」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

鶯餅を含む俳句例

懐紙白鶯餅の色残る/稲畑汀子

鴬餅の持重りする柔かさ/篠原

鶯餅の持重りする柔かさ/篠原

草餅に鶯餅の粉がつく/岸本尚毅

風生逝く鴬餅の出る頃を/森田峠

梅遅し鶯餅の又早し/相生垣瓜人

雪舞ふや鶯餅が口の中/岸本尚毅

鶯餅買ふ雨細き金沢に/有馬籌子

鶯餅裏は小藪の二年坂/前田有甲

喉の奥鶯餅のまだ甘し/上野章子

子ら鴬餅の青い粉こぼれ/喜谷六花

鴬餅懐紙余分に配られし/山縣輝夫

鴬餅山青むことおくれじと/下田稔

春さむし鶯餅の粉のいろ/角川春樹

おもたせの鶯餅に雨の客/高澤良一

春慶に鶯餅のこぼすもの/米谷芳展

喉元のつめたき鴬餅の餡/川崎展宏

蔵の窓あけて鶯餅を売る/村中美代

還暦の鶯餅に噎せてをり/内田美紗

便箋へ鴬餅の粉をとばす/岡田史乃

俳句例:21句目~

鶯餅五十がらみの男買ふ/高澤良一

街の雨鶯餅がもう出たか/富安風生

妻に買ふ鶯餅に月繊し/大岳水一路

鳴いてみよ鴬餅の皿まはす/島谷征良

鳴きさうな鴬餅の胸の張り/蛯子雷児

鴬餅一つほほばる湯屋帰り/中田勘一

鶯餅ひとはなにかを忘れ生く/村田脩

鴬餅神田言葉をもてつまむ/松本澄江

うち伏して鴬餅の息づけり/福地記代

鶯餅少女を口に食ふつもり/松山足羽

からうじて鴬餅のかたちせる/桂信子

つまみては口に放てる鶯餅/高澤良一

どこも尻鴬餅の座りよし/矢羽野沙衣

はしたなき鴬餅の黄粉かな/野村喜舟

鶯餅箱に片寄る雨の午後/本田恵美子

鶯餅鉄路の雨はややしぶく/友岡子郷

大きうて鴬餅も鄙びたり/池内たけし

断はられても贈る鶯餅百個/櫂未知子

硝子ケースくもり鴬餅の息/北川英子

老いしかや鴬餅に喉つまり/後藤夜半

俳句例:41句目~

選句済んだらと鶯餅ふたつ/鈴木鷹夫

首ねつこやんはりつかみ鴬餅/檜紀代

鴬餅舌噛むといふ死もありぬ/桑原三郎

江戸月令うぐひす化して鶯餅/筑紫磐井

うぐひす餅それでと話促せり/高澤良一

鴬餅喉やわらかきを母と云う/児玉悦子

日の山へ飛んでしまひぬ鶯餅/小菅白藤

かたはらに鴬餅のやうなひと/石田勝彦

鴬餅帰心うながす置時計/阿部みどり女

売り切れの鶯餅のあった場所/池田澄子

鶯餅つまむに作法あるごとし/高澤良一

鶯餅ひとかどの粉こぼせしよ/藤田湘子

鶯餅とつて返して買ひにけり/大西一冬

鴬餅わが買ひ妻も買うて来し/岩崎健一

美しき冷えをうぐひす餅といふ/岡本眸

鶯餅みのやの内儀見がてらに/小宅光子

鶯餅帰心うながす置時計/阿部みどり女

鶯餅息子が日曜をもってくる/奥田筆子

鶯餅空気のやうな粉食うべ/新谷ひろし

力抜くうぐひす餅の箸の先/鳥羽富美子

俳句例:61句目~

今朝よりや鶯餅とはり出して/川崎展宏

きな粉残して鴬餅消えゐたり/片山由美子

うぐひす餅喰ひて下町贔屓かな/松田雄姿

暖雨去りうぐひす餅のやうな島/高澤良一

鳴き声の如くに餡子うぐいす餅/貝森光大

鴬餅父母の知らざる世をば生く/村越化石

ひよいひよいと鴬餅を包み呉れ/高澤良一

鴬餅たひらに持ちて母がりへ/肥田埜恵子

鴬餅いまに鳴きだすかもしれぬ/藤岡筑邨

鴬餅すげなく食べてしまひけり/渡辺恭子

鶯餅たひらに持ちて母がりへ/肥田埜恵子

鶯餅足りて生くるはいのちがけ/小坂順子

鴬餅つまみどころのありにけり/百合山羽公

いつも何処かが痛くて鶯餅食へり/鈴木鷹夫

春は茶の子の鶯餅のとりまはし/廣江八重櫻

成人式うぐひす餅のやうになァれ/筑紫磐井

鴬餅羽根のあたりをつまむかな/荻原都美子

うぐひす餅食ふやをみなをまじへずに/森澄雄

ふるさとは東京うぐひす餅を買ふ/鈴木蚊都夫

あなたにも出来ると騙すうぐひす餅/筑紫磐井

俳句例:81句目~

うぐひすもち母早寝してゐたりけり/佐藤まさ子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ