季語/夏服(なつふく)を使った俳句

「夏服」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏服」について

【表記】夏服

【読み方】なつふく

【ローマ字読み】natsufuku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・麻服(あさふく:asafuku)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏服を含む俳句例

若きらの白服北大練習船/千葉仁

竹の幹白服の人通しけり/桂信子

夏服の前に硝子の扉あり/不破博

夏服に杉の別れの匂ひかな/原裕

軍服に似し麻服や一教師/岩田由美

一日着て麻服に皺松の風/長谷川櫂

水にさす白服の翳露の秋/石原舟月

白服の人甘苧の花を折る/下村槐太

夏服や海の光の貝ぼたん/野村喜舟

埋葬行夜の白服に白釦/中村草田男

夏服となり女生徒の多き組/森田峠

白服の一人は誰ぞや螢狩/鈴木花蓑

夏服の女現はれ墓よぎる/稲畑汀子

白服に浜の豆ッ子鼓笛隊/高澤良一

夏服の妹とは違ふ傷み方/櫂未知子

白服の女の肘の嶮しけれ/小川軽舟

夏服や齢重ねし宮仕へ/軽部烏帽子

麻服のおのが白さに眩み行く/篠原

古びたる夏服を著て慇懃に/高浜虚子

君来る夏服に下駄かる~と/佐藤紅緑

俳句例:21句目~

夏服を吊れば疲れてゐる形/広川康子

夏服を汚さじと家々を出づ/右城暮石

潮風は夏服の腕冷やし吹く/星野立子

夏服に永年勤続祝がれをり/高澤良一

夏服に裸のままの小銭鳴る/能村研三

英雄の息女の三人白夏服/中村草田男

灰皿の清し夏服の女等に/殿村菟絲子

夏服の上衣小脇に浮草か/猿橋統流子

夏服の君と並びて門を出づ/高木晴子

夏服ヘチーズ配らる夜の機内/石寒太

夏服の皺や男に旅愁なし/米澤吾亦虹

夏服の風の軽さを着流せる/吉年虹二

夏服の首が出てをり船腹に/藤後左右

風だけを望む夏服ゆゑに青/櫂未知子

夏服や弟といふも愚かもの/石塚友二

夏服や沖は輝きもて応へ/ほんだゆき

父母会に臨む白服着たりけり/樋笠文

白服に玄沁みもどる原爆図/水巻令子

白服の旅の汚れも二日目に/稲畑汀子

白服や循吏折目を正しうす/日野草城

俳句例:41句目~

白服や海を見たりし釦はめ/加藤楸邨

群鳩に光る鳩あり吾も白服/香西照雄

古びたる夏服を着て慇懃に/高濱虚子

麻服の皺つよく敵多かりし/菅原鬨也

麻服の臀は皺をたくはへぬ/大石悦子

麻服の風の乾きも他郷なる/橋本榮治

白服に月光沁みて寝にもどる/大島民郎

夏服に変へ口紅の色も変へ/吉田/慶子

夏服の首まで洗ひざらしなる/伊東達夫

夏服の大きな窓が見えますか/櫂未知子

海に向ひ黒き夏服をわびしめる/瀧春一

雨ゴートぬぎ夏服になり歩む/高木晴子

夏服の米寿の人と喜寿の人/外園タミ女

人中や麻服の身をかたくなに/大石悦子

白服の皺は汚れのごときもの/福永耕二

夏服をしんしん霧が通るなる/福田蓼汀

頸よ日がな夏服の衿を汚して/池田澄子

白服を置くあけぼのの操舵室/岸原清行

三揃ひ夏服の医師きびしかり/石川桂郎

夏服も母の一部よ子がすがる/森田智子

俳句例:61句目~

一着の夏服の寝圧子とその母/加藤楸邨

草市の燈を白服に享けて過ぐ/大野林火

ミサ了り夏服の皺手で伸ばす/津田清子

たたみても夏服どこか力抜く/嶋田麻紀

夏服の皺や男は過去燃ゆる/米澤吾亦紅

山脈に猫入りくるやがて夏服/阿部完市

海を見る秋の白服とは佳かり/福井隆子

流行といへばいはるる夏服に/稲畑汀子

皺ひとつ無き白服の強気なり/櫛原希伊子

夏服であばれ馬にまたがりたる/猪原丸申

夏服に咄嗟にあてし瞋りの刃/稲垣きくの

夏服のスカートの皺目だち立つ/高濱年尾

夏服の少女らとゆき後やささ/篠田悌二郎

夏服の汚れしままに勤めけり/大橋越央子

玉三郎観に麻服の皺しやれて/平井さち子

夏服を縫ふや型紙貸し合ひて/半田/順子

白服の笞のごとくに佇てりけり/川口重美

麻服のすがしや帰路は歩きけり/目迫秩父

夏服や捨てかねしものなぞ多き/巌谷小波

麻服の皺を豊かにパイプ喫ふ/山田真砂年

俳句例:81句目~

坂の別れ夏服さびし追へば向く/石塚友二

白服に腕輪の色を利かせをり/佐藤うた子

麻服を掛けさきほどの私かな/蓬田紀枝子

白服にてゆるく橋越す思春期らし/金子兜太

白服にプラットフォームの端好む/田中灯京

麻服の年尾師の来てよく喋る/坊城としあつ

夏服を着よトランプのジヤツク達/有馬朗人

夏服のよごれしままに勤めけり/大橋越央子

夏服のすべての枝のさきにさはる/田中裕明

白服の澄みてさびしき眸とおもふ/岸秋渓子

麻服を著せかけらるゝ手をとほす/滝井孝作

夏服のきのふまでペン執りゐしに/鈴木しげを

麻服涼しげ慇懃無礼の口髯も/赤城さかえ句集

抱きあう群像の真中夏服ただしく野坂/古沢太穂

白服にねむり成層圈を航く///タイ、インドネシア/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ