季語/上り簗(のぼりやな)を使った俳句

「上り簗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「上り簗」について

【表記】上り簗

【読み方】のぼりやな

【ローマ字読み】noboriyana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の簗(はるのやな:harunoyana)

季節による分類

・「の」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

上り簗を含む俳句例

宵月や水勢違ふ上り簗/桂樟蹊子

花屑に潜む小や上り簗/川村黄雨

上り簗組む賄ひの鯉料理/茨木和生

山国のどん底にかけ上り簗/檜紀代

磧より一炊煙や上り簗/野中/穂浪

薪作り始めし上り簗番屋/茨木和生

肥えたり七十二灘上り簗/子規句集

上り簗秩父は山を集めけり/落合水尾

上り簗組む青竹を流し来る/茨木和生

上り簗雨の篁うちかぶり/水原秋櫻子

山吹の散るまであるや上り簗/原月舟

昼月に傷あとあまた上り簗/鷹羽狩行

杭の鷺飛ばす疾風や上り簗/内山亜川

淀川や舟みちよけて上り簗/田中王城

ひめごとの鮎焼く真昼上り簗/柳沢芳子

蛇籠より水噴き出せり上り簗/矢野典子

上り簗花に夕日の残りけり/長谷川零余子

雨雲に比良聳ちあがり上り簗/鷲谷七菜子

上り簗こはごは覗くハイヒール/五十嵐みい

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ