季語/落葉(おちば)を使った俳句

「落葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「落葉」について

【表記】落葉

【読み方】おちば

【ローマ字読み】ochiba

子季語・関連季語・傍題・類語など

・落葉籠(おちばかご:ochibakago)

・落葉掻(おちばかき:ochibakaki)

・柿落葉(かきおちば:kakiochiba)

・落葉時(おちばどき:ochibadoki)

・落葉山(おちばやま:ochibayama)

季節による分類

・「お」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

落葉を含む俳句例

一月の落葉も掃て神迎/蝶夢

枝々が醸す夕靄落葉後/林翔

神の旅梅橘の落葉して/悟空

待人の足音遠き落葉哉/蕪村

街道は奈良へ篁落葉いま/旭

鳩吹やほろ~桜落葉中/原月舟

落葉掃く箒百本修学院/滝青佳

鼻の上に落葉をのせて緋鯉浮く

新しき箒に落葉従へり/上野泰

我庵は榎許りの落葉かな/樗良

米搗の所を替る落葉哉/炭太祇

欅の脇欅落葉の袋詰/高澤良一

をやく匂ひして里落葉/田中冬二

初霜や落葉の上の青笹に/泉鏡花

飯移す匂ひ夕づく落葉かな/源義

初はなや花の辺の落葉かき/暁台

三十の髪の衰へ椎落葉/栗原米作

落葉して幾条ひびく終電車/龍太

落葉して腸寒し猿の声/立花北枝

林道の細長落葉丸落葉/高澤良一

俳句例:21句目~

青苔に樫の落葉や裏表/菅井青村

碧落の都心へ落葉別れとは/原裕

一眼に落葉一眼に泪溜め/安住敦

新宿に落葉一枚ふみし音/皆吉司

内海の権にちらりと落葉哉/几圭

待ち人の足音遠き落葉かな/蕪村

落葉せる西行櫻稚児櫻/会津八一

川澄や落葉の上の水五寸/炭太祇

あさましき桃の落葉よ菊畠/蕪村

一寸の水三寸の落葉哉/寺田寅彦

落葉まひ靴磨より紙幣とぶ/爽雨

大磐の落葉滑落寸前よ/高澤良一

二度迄は箒とりたる落葉哉/几董

皇居にも深落葉道陛下の道/誓子

鶏の如烏遊べり宮落葉/西山泊雲

落葉見し人や落葉の底の人/沾徳

雨雲のひまより欅落葉かな/青畝

塩買うてかへる径や落葉時/乙二

大風の落葉の中の捨箒/野村泊月

城あとの桜落葉に心止め/上村占

俳句例:41句目~

月と水の中を隔つる落葉哉/亀友

南面の落葉微塵や穴施行/森澄雄

から~と明り障了へ落葉哉/吟江

爛々と虎の眼に降る落葉/赤黄男

脱衣籠欅落葉の一二片/高澤良一

奔り出す緋縅落葉一騎あり/林翔

昼点す給食室や椎落葉/高田洋子

日光山大落葉籠漆塗り/西本一都

柵に梅の落葉や紙屋川/西山泊雲

中窪き径わび行落葉かな/炭太祇

閑散と鳩と落葉と石畳/高澤良一

菊は黄に雨疎かに落葉かな/蕪村

菜畑にたまる欅の落葉かな/孝作

山寺や風の落葉をきゝ寐入/馬光

日の筋や落葉つらうつ夕眺/暁台

明暗に錨しぬ落葉の港/林原耒井

古寺の藤あさましき落葉哉/蕪村

舂臼の心落つく落葉かな/蕪村遺稿

渓籟に応へて桜落葉かな/西本一都

落葉降る中に首上げ蛍草/猿山木魂

俳句例:61句目~

夕落葉起き上る音転ぶ音/村越化石

月暈の半円ささげ総落葉/栗生純夫

点燈夫来て公園の落葉急/内藤吐天

坂下の屋根みな低き落葉かな/犀星

横濱は縣廳前の落葉の景/高澤良一

美しき落葉を砂に神無月/武定巨口

風折々ともし火見する落葉哉/生佛

堂守や落葉の中の干布団/野村喜舟

経蔵へ鼬走りし落葉かな/野村喜舟

灯表を何の落葉や熊手買ふ/原月舟

霜柱はた落葉踏む星暗き/堀口星眠

ひら~と樫の落葉や藪表/西山泊雲

川舟に落葉日のさき衰へし/上村占

木菟の目たゝきしげき落葉哉/乙由

雲水に掃除地獄の椎落葉/冨山青沂

帰りたり落葉樂土に第一歩/上村占

母許へ落葉千枚踏み戻る/寺井谷子

落葉谷光を運ぶ水ひそむ/高井北杜

落葉籠熊手も入れて担ぎけり/篠原

大木の落葉を仰ぐ五六人/橋本鶏二

俳句例:81句目~

落葉積む鮑石流觴曲水址/石原八束

落葉皆道祖神に走りけり/野村喜舟

雪柳二三の落葉ひつかかり/上野泰

桐落葉乾ける土を叩くなり/上村占

大空に傾く栃の落葉かな/野村泊月

落葉敷き漆黒の熊眼がうるむ/沢聰

大粒の雨に交りて樫落葉/西山泊雲

後山の夕焼刻を落葉鳴る/飯田蛇笏

大風の落葉にまじり栗礫/福田蓼汀

心頭に飛花落葉や秋の風/尾崎迷堂

天狗風落葉一片天へ飛ぶ/品川鈴子

一二枚落葉挾める葉水仙/高澤良一

暗き眼に落葉明りの浄土変/安住敦

雀らの日毎近しや落葉掃/相馬遷子

一日の樟の落葉の恐しき/平田寒月

一枚の橡の広葉の落葉濡れ/上村占

関址の栗落葉付く草履裏/野澤節子

妊りの乳房が熱し落葉山/辻恵美子

我庭は礫の如き落葉かな/京極杞陽

一處落葉つもりぬ吉野山/石井露月

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ