季語/御降(おさがり)を使った俳句

「御降」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「御降」について

【表記】御降

【読み方】おさがり

【ローマ字読み】osagari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・富正月(とみしょうがつ:tomishogatsu)

季節による分類

・「お」で始まる新年の季語

・「新年の天文」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

御降を含む俳句例

御降や月代寒き朝詣/寺田寅彦

お降や袴ぬぎたる静心/村上鬼城

御降や嘴を抱ける都鳥/増田龍雨

お降に草の庵の朝寝かな/高浜虚子

御降や寂然として神の鶴/寺田寅彦

御降や雀の骸すずめいろ/宮坂静生

お降りの灯の賑ひを雪の上/松崎豊

御降に楽隊どこへ停車場/会津八一

御降や浮世小路の駕仲間/松瀬青々

御降に軒を伝うて楽屋入/木村重好

御降りの四条大橋渡りけり/羽成翔

御降の幼きころの錦花糖/石川桂郎

御降や灯りあひゐて神仏/宮崎草餅

御降は一滴婆の口に入る/平畑静塔

お降の虹も神慮と詣でけり/城萍花

お降りやそびらへ廻す鬼の面/原朋冲

お降りや街中にある大藁屋/北野民夫

大字書畢ぬ御降晴れてあり/石井露月

松林お降りありし匂ひせり/荒井正隆

御降りや仏師に箔を貰ふ事/久米正雄

俳句例:21句目~

御降に尻ぞ濡れ行く草履取/寺田寅彦

御降りや手釣底曳漁舟群れ/秋光泉児

御降りや網目ひろぐる大欅/沢木欣一

お降りや新藁葺ける北の棟/室生犀星

お降やひらかれてゐる蔵座敷/下田稔

御降やこの家に光る膳と椀/原コウ子

お降や土の匂ひのする程に/高木晴子

お降りに濡れし新聞拾ひ読み/上野泰

お降りのありたる夜明邃し/藤田湘子

お降りの庭木冬芽を確かむる/瀧春一

お降りの束の間階を流れけり/原田喬

御降や父祖の井深き水明り/富永小谷

御降や牡丹のむろの硝子窓/会津八一

御降や竹深々と町のそら/芥川龍之介

お降りの霽れてしたたか落椿/滝春一

御降りと畠見はらす煙かな/会津八一

お降りの音の四方や執筆す/永井龍男

御降や御堂に遊ぶ禰宜の子等/会津八一

お降りやほの~濃ゆき寝白粉/石橋秀野

御降になるらん旗の垂れ具合/夏目漱石

俳句例:41句目~

お降りに眉目濡らして三輪詣/北野民夫

御降に濡れ葉落せる庭木かな/増田龍雨

お降りやゆめのおはりの花一個/毛呂篤

御降りやぬほこの雫後の世に/会津八一

御降の沖より晴れし丹の鳥居/大上充子

御降やすな地を程る小提燈/日夏耿之介

お降りや土の匂ひのする程に/高木晴子

御降りの心ゆくまで独りなり/古田久子

御降や昼を絶やさぬお灯明/篠塚しげる

御降や濡れ色つくす敷松葉/大場白水郎

御降りといへる言葉も美しく/高野素十

お降りや大和島根は竜に似て/角川春樹

お降りといへる言葉も美しく/高野素十

お降りにして只の雨海に降る/加藤楸邨

御降りの中にやすらふ大川なり/林昌華

お降りや晴着にかざす男傘/椙本千代子

お降りや暁けて明るき海の空/高橋悦男

お降りや磐座の石しめるほど/河合和子

お降りや杉の青さの中を降る/秋篠光広

お降りのいつか霰の音となる/粳間ふみ

俳句例:61句目~

お降りのつくづく深き土の色/宇咲冬男

御降りの潮入りくる城下かな/山本洋子

御降りの雪にならぬも面白き/正岡子規

御降りや羊蹄青き道のかげ/金尾梅の門

御降りや父祖の井深き水明り/富永小谷

お降の雪となりゐし三日かな/高浜年尾

スコールといふ御降りをもて余す/日原傳

御降にヨナの混りて暗かりし/坂口かぶん

御降に猟夫はとほくゆきにけり/田中裕明

御降のふりあまりたる四日かな/会津八一

御降やはるかな里に似しと思ふ/高木晴子

お降りや心たひらに墨をすり/西森千代樹

御降りのざんざ降りなり椋鳥に/福永耕二

お降りや竹深ぶかと町のそら/芥川龍之介

お降りや暮れて静かに濡るゝ松/島田青峰

御降りの大樟に降るひびきかな/坂部尚子

かみがみの宴たけなは御降りす/清水里美

御降りの松青うしてあがりけり/石田波郷

御降りの流れいでけり御所の溝/正岡子規

お降りのやがて流るる音すなり/大石悦子

俳句例:81句目~

お降りや来し方思へとてひねもす/及川貞

御降りやいつまで藪の一軒家/大峯あきら

御降りやいでゆの門の迎へ笠/水原秋櫻子

お降りや町ふかぶかと門の竹/芥川龍之介

お降や松は神代の夜の音/吉武月二郎句集

御降りや島ことごとく神のもの/向野楠葉

御降りの霽れてボケ除け寺賑ふ/村上辰良

御降りや袴三つ四つたたまるる/永井龍男

お降りや野に縹緲と家鴨たち/小長井和子

欅四五本遠にけぶれり御降す/鈴木しげを

お降りや音を断ちたる鋳物町/海野ふさ子

御降りを閼伽とし仏寂びたりや/石塚友二

お降りの道いゆくべくありにけり/岸田稚

お降りのうす墨刷ける深雪かな/西本一都

お降りのかなたに灯る神の島/藤井すみ子

隠れ住んでこの御降や世に遠し/夏目漱石

御降りの消えてしまひし海の上/今井杏太郎

御降りの音のゆたかになりにけり/的場清子

御降りやさまざまの音近づき来/加藤知世子

お降りにほと~濡れて縁むすび/五十嵐播水