季語/冴ゆる(さゆる)を使った俳句

「冴ゆる」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冴ゆる」について

【表記】冴ゆる

【読み方】さゆる

【ローマ字読み】sayuru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冴え(さえ:sae)

・月冴ゆる(つきさゆる:tsukisayuru)

・声冴ゆる(こえさゆる:koesayuru)

・風冴ゆる(かぜさゆる:kazesayuru)

・霜冴ゆる(しもさゆる:shimosayuru)

・鐘冴ゆる(かねさゆる:kanesayuru)

・星冴ゆる(ほしさゆる:hoshisayuru)

・灯冴ゆる(ひさゆる:hisayuru)

・影冴ゆる(かげさゆる:kagesayuru)

季節による分類

・「さ」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冴ゆるを含む俳句例

声冴ゆる虫は何々銅盥/白雄

大衆や点心の鐘冴ゆる朝/句仏

五六丈滝冴え返る月夜かな/蓼太

お堀の月の冴えわたるかな/史邦

冴え返る三十三間堂の端/岸田稚

霜をける畠の冴えや鍬の音/太祇

宵月に松籟冴ゆる浮御堂/伊東宏晃

海潮音木瓜の紅白冴え分る/瀧春一

背戸中は冴え返りけり田螺殻/丈岬

繊月の艶の冴えゆく冬隣/小池文子

白菊とわれ月光の底に冴ゆ/桂信子

冴えかへる鳥籠被ふ白き布/中田剛

一本の薄紅梅に冴え返る/高浜虚子

相対し冴ゆる月光菩薩と吾/皆吉司

落城の仕掛松明天に冴ゆ/伊東宏晃

冴えて書の天金浮けり病世界/秩父

幹黒く愛憐の黙冴ゆる村/成田千空

冴え返る沓音高しお水取/石井桐陰

冴え返る空灰色に凧一つ/会津八一

冴え返る面魂は誰にありや/草田男

俳句例:21句目~

冴え~と鳶笛吹けり蕗の薹/飴山實

風荒き峠の菫冴えにけり/渡辺水巴

極楽中心中山寺月冴えし/中島陽華

柊家の忍返しに月冴え来/京極杞陽

寒月やいよいよ冴えて風の声/荷風

冴ゆる夜の抽斗に鳴る銀の鈴/爽青

冴ゆる夜の瓦音ある礫かな/碧梧桐

青簾銀屏よりも撥の冴え/沢木欣一

音冴えて羽根の羽白し松の風/鏡花

夕焼の消ゆる湖畔に灯影冴ゆ/瀧春一

琵琶冴えて星落来る台かな/子規句集

冬萌や夕踏まれて朝冴ゆ/加藤知世子

強風に新築の音ばかり冴え/廣瀬直人

星冴ゆる歩いて居れば心足る/石昌子

病む馬に蝋涙冴ゆる夜なりけり/碧水

燈台の白きが冴えて汐ぐもり/瀧春一

生花冴ゆ夜の寒風歩く人に/大井雅人

竜燈鬼吽の眼の闇に冴ゆ/加藤知世子

稗蒔や十露盤朝の音冴えて/鈴木頑石

石工あり玄翁宙に風冴ゆる/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

人形や玩具や冴えてゆく齢/市原光子

人待てば鏡冴ゆなり青落葉/横光利一

煌々と冴えたる庭の月の石/白石時子

烏瓜ほどに頭の冴えきたる/高澤良一

一切の飾納めて冴ゆるかな/赤尾恵以

夜は冴えて妻恋鹿に聡き耳/松本巨草

洗濯屋白に疲れぬ白壁冴え/香西照雄

水鳥や澪冴えざえと霧の中/新井声風

山辺より灯しそめて冴ゆるかな/普羅

夜半の月冴えず明るし春近き/及川貞

冴え返るもののひとつに夜の鼻/楸邨

冴え返る万の足痕過密都市/寺井谷子

酒米の冴えたる白さ寒造/水谷たつ子

還暦の春に酒なし冴えかへる/中勘助

冴え返る敗戦の碑は海中に/対馬康子

諸星の冴えざるはなし山泊り/鞍悦子

大衆や経行冴ゆる臘八會/名和三幹竹

誰一人通らぬ町の冴え返る/藤田静水

冴え返る鐘の響きに驚けり/島田青峰

冴えかへるとて美しき仏顔/石原八束

俳句例:61句目~

山峡の杉冴え返る谺かな/芥川龍之介

橋上の継目の鐵や冴え返る/内田百間

詩は怒余寒緑を冴えしめて/香西照雄

一生のしばらくが冴え夏鶯/清水径子

冴ゆる灯や獄出ても誦む東歌/不死男

初霜やわが母なれど面冴え/中村汀女

襲名の若武者に冴ゆ能舞台/小林三郎

渋濯屋白に疲れぬ白壁冴え/香西照雄

冴ゆる夜の噴煙月に追ひすがる/静二

渦笑窪消え水鏡寡婦に冴ゆ/香西照雄

冴ゆる夜の梁に吊られし鳴一羽/三狼

晒し首神や仏の中に冴ゆ/加藤知世子

同じ道黙し戻れば冴え返る/高澤良一

天秤棒担へし形に冴ゆる壁/成田千空

春の汗して絶食十日頭冴ゆ/相馬遷子

雪明り闘病冴えの眠る顔/加藤知世子

雷のあと竹冴えて祖の魂を待つ/鶏二

万緑の一紺として四葩冴ゆ/石塚友二

霜柱余命を賭けし一誌冴ゆ/小林康治

藁屋根の端の雪嶺ことに冴え/桂信子

俳句例:81句目~

葛城や夜の念仏の鉦冴ゆる/有馬朗人

風冴えて高嶺紺青雪のこる/飯田蛇笏

風冴えて魚の腹さく女の手/石橋秀野

春泥や夕暮すこし冴え返り/小杉余子

冬川に冴える電球を撃つは今/赤尾兜子

狐啼く声冴えざえと高嶺星/斎藤美智子

冴えかへり手術の話遠ざかる/朝倉和江

湖冴ゆる夜の蒼天へ風奔り/鷲谷七菜子

文楽の春とはいへど灯影冴え/飯田蛇笏

冴えかへる工事現場の点滅灯/高久フミ

冴えざえと人住む町や川開き/永井龍男

外套の襟のよごれに冴え返る/吉屋信子

俗われに僧が飯盛り冴え返る/佐野美智

海の上に晝月冴えて慈姑掘り/松村蒼石

星冴ゆる窓やワインの杯重ね/吉村容子

冴えゐたり柩出でしは遠き国/小池文子

冴え冴えとゴム長靴の川虫採/高澤良一

浅間冴え松炭燃ゆる五月の炉/前田普羅

冴え冴えと手術待つ夜の白枕/毛塚静枝

金泥を練る箆や冴え返るなり/内田百間

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ