季語/鷹渡る(たかわたる)を使った俳句

「鷹渡る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鷹渡る」について

【表記】鷹渡る

【読み方】たかわたる

【ローマ字読み】takawataru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

鷹渡るを含む俳句例

防人の別れの峠鷹渡る/若松徳男

荒波に這へる島なり鷹渡る/篠原

満山の銀の芒や鷹渡る/橋本鶏二

豪快な灘の白波鷹渡る/木瀬連香

鷹渡る半島巨き腕なす/高澤良一

鷹渡る寺に真田の鎧櫃/太田英友

伊良湖岬沖凪ぎ渡る鷹柱/高橋柿花

南溟に向く龍馬像鷹渡る/平岡保人

隠栖の窓の高嶺や鷹渡る/橋本鶏二

天山の滝の真上を鷹渡る/田中英子

天頂に出て逆落し渡り鷹/橋田憲明

神島は八重の波垣鷹渡る/広/波青

日の黄道月の白道鷹渡る/福田蓼汀

朝日今岬をそめて鷹渡る/内藤敏春

鷹千羽渡るにつづく鷹柱/影島智子

鷹渡る高さに鷲羽山低く/田村萱山

しのゝめの渦潮の空鷹渡る/井川泊水

鳥好きの少年に鷹渡りをり/小林葭竹

海賊の棲みしてふ島鷹渡る/湯浅苔巌

払暁の波みな伏せり鷹渡る/吉岡昌夫

俳句例:21句目~

大鳴門それずに鷹の渡りけり/森田峠

嶺々を回廊にして鷹渡る/上澤樹実人

日も月も止まれる空鷹渡る/橋田憲明

曉闇の沖の一灯鷹渡る/小松原みや子

鷹渡り百の羽音をうち仰ぐ/立石/京

鷹渡るこれに応へて光る雲/橋田憲明

鷹渡るもとに長汀曲浦かな/橋本鶏二

鷹渡る神島波にうづくまり/西村旅翠

鷹渡る道ととのへよ天の雲/山本歩禅

渡り鷹吸ひたるいよよ深き空/橋田憲明

身ぬちにも潮騒ひびき鷹渡る/中村明子

青北風や鷹の渡りの島づたひ/辻恵美子

まばたきて鷹の渡りを見失ふ/木戸/節

鷹柱抜けて渡りのさきがけに/高崎武義

カテドラルの尖塔悠か鷹渡る/影島智子

鷹渡り空また広くなりにけり/斉藤始子

寂しさは乾坤にあり鷹渡る/宇多喜代子

和田津海の鳴る日は鷹の渡りけり/篠原

朝月にこゑ澄み鷹の渡るかな/田代朝子

海峡は紺を尽くせり鷹渡る/つじ加代子

俳句例:41句目~

鷹渡る土佐に遠流の山河在り/橋田憲明

渡り鷹落ちゆくごとく遠離る/村上杏史

鷹渡る流人幾人ここに立ちし/浦野芳南

石狩の野の高晴や鷹渡る/藤原/春風子

鷹渡る色なき風に消ゆるかに/澤田緑生

鷹渡る蔵王颪に家鳴りして/阿波野青畝

神島の灯の消え初むや鷹渡る/細井光男

鷹渡るもとにひろごる山河かな/橋本鶏二

鷹みちを渡らむと蝶すき透る/平井さち子

滑翔のちからを貯めて鷹渡る/能村/研三

澄みわたる土佐の青空鷹渡る/岩川みえ女

鷹渡る日はかがやきを極めたり/邊見京子

声張りて鷹渡りゆく良夜かな/野崎ゆり香

鷹渡る空に瑕瑾のなきごとし/河本沙美子

蓼の朱も鷹の渡りの風まとふ/大岳水一路

鷹渡るまだ波かしら闇のこし/岡村千恵子

渡りかけて鷹舞ふ阿波の鳴門かな/正岡子規

鷹渡るかなしきひとをまのあたり/黒田杏子

しろがねの鷹となりつつ渡るかな/邊見京子

鷹渡るふと空ばかりになるときも/対馬康子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ