季語/朧月夜(おぼろづきよ)を使った俳句

「朧月夜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「朧月夜」について

【表記】朧月夜

【読み方】おぼろづきよ

【ローマ字読み】oborozukiyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「お」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

朧月夜を含む俳句例

会終へて朧月夜の女かな/山下雄子

鶫旅立つ朧月夜の朧の躯/金子皆子

三輪を出て朧月夜の径かな/角田竹冷

五位鷺を狂はす朧月夜かな/柳澤和子

花を盗む朧月夜の検事かな/尾崎紅葉

富士見えていよ~朧月夜かな/藤野古白

種芋や朧月夜のまろきもの/岡本癖三酔

蚊屋の内に朧月夜の内侍かな/蕪村遺稿

ゆきゆけば朧月夜となりにけり城のひむがし菜の花の村/佐佐木信綱

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ