季語/種瓢(たねふくべ)を使った俳句

「種瓢」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「種瓢」について

【表記】種瓢

【読み方】たねふくべ

【ローマ字読み】tanefukube

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

種瓢を含む俳句例

夕顔や秋は狂歌の種瓢/うせい

二つ置く人の心や種ふくべ/生佛

大皿に種瓢置く骨董屋/森田君子

誰彼にくれる印や種瓢/高浜虚子

嘆くとき顔の前なる種瓢/草間時彦

恩給に事を欠かでや種瓢/夏目漱石

病室の窓いつまでも種瓢/矢野藍女

腹の中へ歯はぬけけらし種瓢/蕪村

葉に蔓にいとはれや種瓢/蕪村遺稿

あだ花にかゝる恥なし種ふくべ/蕪村

種ふくべ昭和の果を見てゐたり/黛執

種瓢まだ労られたくはなし/渡辺祥子

種瓢主人風雨に堪へざりき/由井蝴蝶

種瓢斑なつらを見はやさん/黒柳召波

蕪村また大器晩成種ふくべ/高澤良一

みづうみの冷えの見えゐる種瓢/森澄雄

種瓢ときに揺るるを愉しめり/斎藤一骨

身ひとつをよせる籬や種ふくべ/炭太祇

いつしかにうとろなものよ種瓢/黒柳召波

峡の家の昼は無人や種ふくべ/星野麦丘人

俳句例:21句目~

種ふくべ一睡の顔ななめなる/亀田虎童子

くすぼりて黒くなりけり種ふくべ/高浜虚子

夕方はひとのこゑして種ふくべ/星野麥丘人

捨てらるゝさだめを茶器に種ふくべ/森川芳明

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ