季語/椿(つばき)を使った俳句

「椿」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「椿」について

【表記】椿

【読み方】つばき

【ローマ字読み】tsubaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・紅椿(べにつばき:benitsubaki)

・白椿(しろつばき:shirotsubaki)

・一重椿(ひとえつばき:hitoetsubaki)

・八重椿(やえつばき:yaetsubaki)

・乙女椿(おとめつばき:otometsubaki)

・藪椿(やぶつばき:yabutsubaki)

・山椿(やまつばき:yamatsubaki)

・雪椿(ゆきつばき:yukitsubaki)

・玉椿(たまつばき:tamatsubaki)

・つらつら椿(つらつらつばき:tsuratsuratsubaki)

・落椿(おちつばき:ochitsubaki)

・散椿(ちりつばき:chiritsubaki)

季節による分類

・「つ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

椿を含む俳句例

玉椿八十八の母の息/桂信子

日忌様陽は玉椿魂は午/林桂

玉椿落て浮けり水の上/諷竹

夢の世の渚に拾ふ落椿/林亮

木実油漲る玉や八重椿/西和

落椿美し平家物語/高浜虚子

法起寺の塔赤椿白椿/星野立子

仏見し瞼重しや白椿/澤村昭代

藪椿落して風の句読点/湯川雅

画展出て点描の森落椿/桂信子

崖下の古庇にも落椿/三好達治

落椿展観幕府滅亡史/高澤良一

満目の闇満目の落椿/中岡毅雄

富士山如法寺の白椿/筑紫磐井

抛箭斎宗益の墓白椿/大橋敦子

泥濘に飛石二つ落椿/西山泊雲

抛筌斎宗易の墓白椿/大橋敦子

鶏の二十羽白し落椿/野村喜舟

白椿赤椿幹黒くして/鈴木花蓑

良寛の朝酒によき藪椿/下田稔

俳句例:21句目~

囀や囀らざるは落椿/野村喜舟

落椿林泉潮を湛へたり/岡本松浜

あけぼのや陸の水泡の白椿/林翔

落椿朝の白熱城の方に/桜井博道

折紙を置きたる如く落椿/上野泰

漂へる板子の上の落椿/野村泊月

光陰の節目は暗し落椿/齋藤愼爾

観音の右足あそぶ落椿/津田清子

日月のあかあか椿白椿/高澤良一

落椿折り重なつて相対死/安住敦

金網に羽毛はりつく玉椿/日原傳

一島を守る一家系白椿/毛塚静枝

一陣の風を仰げば白椿/下村槐太

乙女椿緋乙女椿苗木市/西本一都

本尊は榧の一木白椿/村上あけみ

秘色見る外は畠の白椿/松瀬青々

落椿ほどの深淵白昼夢/高澤晶子

紅椿つとおつ午時の炭俵/泉鏡花

口紅の初花ゆかし玉椿/上島鬼貫

肉塊に肉塊が落つ紅椿/柴田奈美

俳句例:41句目~

庭祠守りて村医や落椿/田代草舎

藪椿こぼれ籾山梓月庵/皆川白陀

波打てる鎌倉石に落椿/高澤良一

凹凸に雪にかくれて落椿/上野泰

藪椿門は葎の若葉かな/松尾芭蕉

落椿人の過失の鮮しや/齋藤愼爾

水に沈みて痛恨の落椿/辻田克巳

赤坂の見附も春の紅椿/橋本夢道

遺影にもある日月や山椿/秦夕美

肋から肋へたどり落ち椿/竹中宏

約束の如くにそこに落椿/上野泰

竹の中へ敷石長し落椿/西山泊雲

牛角力の花道うづめ落椿/下田稔

真中濃く乙女椿の桃色に/原石鼎

大雨の流れし跡や落椿/星野立子

江之島の活辯天か玉椿/高澤良一

合性の筆は一本白椿/伊丹三樹彦

今生の姿くづさず落椿/佐藤信子

混沌の世の一隅の白椿/吉野義子

囀りの高まる時の落椿/高浜虚子

俳句例:61句目~

植ゑるより金蜂花に紅椿/飯田蛇笏

海上を驟雨きらきら玉椿/岸本尚毅

落椿少し流れて沈みけり/川村紫陽

流れそめて渦従へり落椿/中村若沙

落椿少し引きずる風のある/上野泰

狂うなら今と白椿が囃す/大西泰世

落椿小倉百人一首散る/百合山羽公

生国の闇を飛び交う紅椿/大西泰世

落椿俯伏せに墓を抱くごとし/林翔

波音の引く音ばかり落椿/行方克巳

白椿名刀の冷え思ふべし/西村和子

白椿團體さんは急ぎ足/八木林之介

落椿万幹の竹まつさをに/橋本鶏二

白椿昨日の旅の遥かなる/中村汀女

頼朝に流人の日あり落椿/福田蓼汀

青春のほろびし灰に落椿/仙田洋子

雲解けの底鳴り水に落椿/石原八束

雪のうえ罰として白落椿/和知喜八

貝光るオランダ塀や落椿/水原春郎

石段に下駄の谺や山椿/池内たけし

俳句例:81句目~

磯の笠子もあかし山椿/水原秋櫻子

牛飼に夜は八方の落椿/神尾久美子

水窟の仏体暗し落椿/長谷川零餘子

ぱら~と日雨音する山椿/飯田蛇笏

竹外の一枝は霜の山椿/水原秋櫻子

落椿に道分る馬頭観世音/寺田寅彦

落椿とは突然に華やげる/稲畑汀子

落椿とは夕暮の音なりし/廣畑忠明

藪中にかかれる橋や落椿/橋本鶏二

紅椿仰ぐにさらす喉仏/伊丹三樹彦

落椿その中へまた落椿/石井とし夫

藪かげや馬糞の上に落椿/寺田寅彦

落椿這ひづる虻や夕日影/鈴木花蓑

水の景動きし時の落椿/田畑美穂女

伎芸天をみなにおはし紅椿/森郁子

落椿してをる大地起伏あり/上野泰

落椿絵空事みな賑々し/櫛原希伊子

落椿しそめてこぞる蕾なり/及川貞

落椿あるひは波に岩窪に/岸風三樓

勅使門裾濃に据はり白椿/久米正雄

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ