季語/燕帰る(つばめかえる)を使った俳句

俳句例:201句目~

伊勢の海帰燕のあとの青さなる/細見綾子

去ぬ燕水夫ら溜まる風の埠頭/櫛原希伊子

ある朝の帰燕高きを淋しめり/鈴木真砂女

夏うぐひす秋燕なしくづしの生/塚本邦雄

大わだの波にふれつつ去ぬ燕/五十嵐播水

手をかざし見けるを秋の燕かな/尾崎迷堂

秋燕や雲にのみ日の當りゐる/加倉井秋を

帰燕ともならず近江の雪に舞ふ/大島民郎

帰燕なほ人目に触るる雲間かな/原コウ子

帰燕の宙へ農夫が梯子突き出せり/山口伸

式服の絹たよりなき秋つばめ/大木あまり

ピアノの奥に湾の広がる帰燕かな/大石雄鬼

紀の天の昏むばかりに帰燕かな/つじ加代子

秋燕の押し上げられてつどひけり/千葉皓史

デパートの窓より帰燕送りけり/冨田みのる

ガレ場より帰燕の空となりゆける/行方克巳

つばめ帰り街角の夕日ひそけしや/内藤吐天

秋燕やひとはわかるるために逢ふ/西本一都

雲居より雨の落ちくる帰燕かな/矢崎ちはる

ゆく雲にしばらくひそむ帰燕かな/飯田蛇笏

俳句例:221句目~

ものを買うのぞみあまたに帰燕の日/飴山實

片付かぬものはそのまま帰燕かな/柴田奈美

渡舟きかぬ水減りに去ぬ燕かな/金尾梅の門

砂丘行き秋燕を見しばかりなり/松本たかし

父祖の地に飛ぶ秋燕に目をとどめ/成瀬正俊

うしろ手の神父に燕帰りけり/ながさく清江

秋つばめ夫に咳なきひと日欲し/神尾久美子

秋燕やさだめのごとく旅に発ち/成瀬桜桃子

秋燕にはるかなる海光りけり/阿部みどり女

落葉松の響き合ひたる帰燕かな/木倉フミヱ

秋燕にあらねど関を越えてより/篠田悌二郎

故郷をよしなくおもふ日の帰燕/佐野まもる

牧婦織り帰燕すずろに鳴きにけり/飯田蛇笏

降りいでゝ七日がほどや秋つばめ/石橋秀野

秋燕鳴きやみしかば夜と言はむ/加倉井秋を

帰燕のあと窓には見えぬ海恋ひし/寺山修司

秋燕をふと見し胸のかげりくる/柴田白葉女

帰燕どき菓子袋よりノート出て/猪俣千代子

帰燕けふ窓掛ひらく日のつづき/古賀まり子

太鼓懸くれば秋燕軒にあらざりき/前田普羅

俳句例:241句目~

秋燕やつひの一人となる戸籍/野見山ひふみ

太皷懸くれば秋燕軒にあらざりき/前田普羅

雨過ぎて帰燕の空の濡れにけり/波多野爽波

きりぎしをあらがねと研ぐ秋つばめ/栗生純夫

アマゾンヘ発つ日帰燕に会ひしこと/山田桂梧

めったにあげぬ顔で靴屋が秋燕追う/城門次人

父祖の地を飛ぶ秋燕に目をとゞめ/成瀬正とし

汽車に乗るまで秋燕を見てをりぬ/青柳志解樹

水の香をはなれてたかき帰燕かな/豊長みのる

帰燕疾し穂田の温みに胸触れては/鷲谷七菜子

仰臥位にあまた帰燕の見ゆる日よ/冨田みのる

飢ゑせまる日もかぎりなき帰燕かな/加藤楸邨

ホテルニューグランド前飛ぶ秋つばめ/高澤良一

秋燕のはるけさをいつまでもたもつ/加倉井秋を

タイトルとURLをコピーしました