季語/燕帰る(つばめかえる)を使った俳句

俳句例:101句目~

湯けむりに迎へられたる秋燕/佐川広治

ひたすらに飯炊く燕帰る日も/三橋鷹女

雨降るや残る燕のひとならび/細川加賀

山の畑山の田つばめ帰りけり/細川加賀

少女らも畦に鼓腹す秋つばめ/飯田龍太

天すみて火祭了へぬ秋つばめ/飯田蛇笏

雲ついて長者ヶ原の秋つばめ/佐野良太

さつ~と千草風吹き秋つばめ/岡本松浜

駅時計光る今年も帰燕の日/山田みづえ

秋燕忌雨の吉野の奥目指す/つじ加代子

燕帰る漢方薬がゆつくり効き/長谷川双

秋燕に紛れてとべる蜻蛉かな/西山泊雲

船すゝぐ裸に高き帰燕かな/金尾梅の門

秋燕に日々高嶺雲うすれけり/飯田蛇笏

秋燕に高嶺をきそひ甲斐の国/井沢正江

内子座の昼を灯せる帰燕かな/寺澤慶信

秋燕のとぶ夕日ある限りをや/奥田智久

声のみの帰燕の空を仰ぐなり/山本歩禅

箕には箕の影のただしく秋燕/古舘曹人

秋燕の沖さすことの何か不安/中村苑子

俳句例:121句目~

鏡中の響けるごとく帰燕かな/山西雅子

嶽下りる雲秋燕の揉み出でし/西本一都

川明るくてさびしくて秋燕/柴田白葉女

錫杖の音澄みはじむ帰燕かな/小倉覚禅

帰燕けふ蜑が巷を覆ひけり/佐野まもる

秋燕遼河に飛んで高からず/鈴鹿野風呂

錆を削れば凛と鉄痩せ秋燕/中村草田男

秋燕や地に若者の肌かがやき/相馬遷子

秋燕や海中は藻のくろぐろと/岸本尚毅

秋燕や高齢にして見ゆるもの/宇佐見目

群いくつも集まり群るゝ秋燕/右城暮石

秋燕の声のたまりし水の上/深見けん二

帰燕日日肉つかぬ嬰の目鼻立/栗林千津

赤ん坊の腕の太りて帰燕かな/岩田由美

帰燕過ぎ朝痴呆めくシネマ街/高井北杜

職遠く秋燕けふも海にまぶし/河野南畦

秋燕や水夫はしきりに水使ふ/木村蕪城

暦にも無くして燕帰らむ日/相生垣瓜人

月山の風に乗りゆく帰燕かな/升本行洋

秋燕の帰りはじめの風となる/羽吹利夫

俳句例:141句目~

松ぼくりかぞへて歩く秋燕忌/吉田鴻司

柩出ぬ秋燕のむれ早あらず/五十嵐播水

棒をふりふり秋燕の下を来る/石田郷子

薬草をつれるとぼそや秋燕/鈴鹿野風呂

秋燕に水は蹤きゆき振り向かず/朔多恭

海へ向く坂がいくつも秋燕/田中ひろし

秋燕や大河は母のやさしさに/松永文夫

秋燕や嬰児籠に泣く赤ん坊/村上しゅら

秋燕や人にあはざる横川道/五十嵐播水

秋つばめ東京の空裾見えず/石田あき子

秋燕は澳へわれらは晩餐へ/佐野まもる

高丘にゆびさす雲の秋つばめ/飯田蛇笏

健康に小さきつまづき去ぬ燕/山地曙子

去ぬ燕ならん幾度も水に触る/細見綾子

去ぬ燕旅も終りの海の家/木村/いつを

去ぬ燕淋しき数を如何にせむ/相馬遷子

秋燕や雨後の玉石土を出づ/千代田葛彦

紺さびし秋の燕と見たるより/三輪青舟

白猫の見れども高き帰燕かな/飯田蛇笏

関外は霜降る稲や去ぬ燕/菅原師竹句集

俳句例:161句目~

帰燕まふ阿蘇のなべての慴伏に/皆吉爽雨

帰燕後の空かとおもふ土佐泊/能村登四郎

想ひ絶ゆ空の深さも帰燕以後/佐野まもる

木の匙が残されており帰燕の日/対馬康子

渦の上のみぢんの渦も帰燕まふ/皆吉爽雨

湖かけて飛ぶ秋燕の翼の張り/鷲谷七菜子

火も水も使はぬ日あり秋燕/野見山ひふみ

白波の大こぼれして帰燕かな/大木あまり

白猫のみれどもたかき帰燕かな/飯田蛇笏

秋燕や黙せばこころ通じあふ/上田日差子

秋燕をくらき戸が吸ふ遠山家/能村登四郎

秋燕の小さし山を深く来て/阿部みどり女

秋燕の富士の高さを越えにけり/稲畑汀子

秋燕の天くつがへる河口かな/山田みづえ

秋燕群れ岳友集ふもわが子なし/福田蓼汀

身をほそめとぶ帰燕あり月の空/川端茅舎

胡桃樹下水くらく凪ぐ帰燕かな/飯田蛇笏

胸を蹴るごとく秋燕かぎりなく/二枝昭郎

秋燕や家のどこかに電子音/小松原みや子

秋燕やひようと長くて支那の箸/岸本尚毅

俳句例:181句目~

道絶えて帰燕の空の広さあり/鷲谷七菜子

秋燕やサガレンヘ立つ船もなし/加藤楸邨

雲くづれくづれ秋燕影のこす/鷲谷七菜子

秋燕ましろに飯の干されたり/金尾梅の門

お手だまに母奪われて秋つばめ/寺山修司

秋燕この雨何時か上がるだろう/高澤良一

昏き帆は働ける帆や秋つばめ/中戸川朝人

秋燕や聖者に似たるホームレス/春山道代

破船より翔ちて帰燕に加はれり/鷹羽狩行

この闇に椎あるらしき秋燕忌/鳥居美智子

すこし日のつまりし空や秋燕/大場白水郎

秋つばめ真水を積みて漁船出づ/本宮哲郎

一帰燕家系に詩人などなからむ/寺山修司

落涙をもて切る口火秋つばめ/赤松ケイ子

秋燕となりし高さを保つかな/秋間樵二郎

一羽見し秋燕のあと追ふ羽なし/井沢正江

秋燕の羽をたたみてながれをり/橋本鶏二

人診ては行く日の今日を去ぬ燕/新明紫明

乳牛鳴き秋燕は迅く花卉越えぬ/飯田蛇笏

二上山にまだ日矢のある秋燕忌/佐川広治

タイトルとURLをコピーしました