季語/霾(つちふる/ばい)を使った俳句

俳句例:101句目~

霾天や起重機鈍にものおろす/大橋敦子

霾降るや原罪のごと擁かるゝ/小林康治

つちふるや潮鳴こもる九十九里/東天紅

霾るや犬にも鬱の日のありて/西尾照子

蒙古風いづれの車夫も活羅漢/永井龍男

赤松は鳴りて汚れず胡沙ふる中/及川貞

黄塵にまぎれもあらぬ傷痍の目/三谷昭

黄塵に息浅くして魚のごとし/野澤節子

黄塵に挑むがごとく水を打つ/下村梅子

黄塵に視野奪はれし車事故/吉良比呂武

黄塵のかすみて暮るる行々子/臼田亜浪

黄塵の厩舎のそばの便所かな/京極杞陽

黄塵の町のこなたに接木する/中村汀女

黄塵や雨知らぬ畑に寝て憩ふ/相馬遷子

黄沙濃し日冰輪となりて去る/しづの女

黄沙降る筑紫路の山高からず/中村田人

餐館の窓辺つちふる硝子絵/下村ひろし

黄砂降る沙翁の節の一くさり/筑紫磐井

二荒山墨絵ぼかしに霾れり/松崎鉄之介

喪の列や娶りの列や霾る街/大橋越央子

俳句例:121句目~

帆船の音なく出づる霾ぐもり/松本幹雄

幽みきて眉に積み降る夜の霾/石原八束

強腰の桑を抜きゐる霾ぐもり/橋本榮治

つちふるや大和の寺の太柱/大峯あきら

猛獣の檻の目粗し霾ぐもり/石田阿畏子

石器もて魚捌きをり霾ぐもり/はやし碧

霾の地に鳴れど驢馬臼挽ける/西村公鳳

つちふるも武蔵野ぶりの空の色/清崎敏郎

きさらぎの黄塵壁の鋲ひかる/川島彷徨子

ちはやぶる鳥居に迫る黄砂かな/五島高資

遼太郎逝きてモンゴルより黄砂/柳澤一生

黄砂ふる子の落書のボンネット/蔵本丈晶

霾るを憶良の子らは見上げしか/松田紀子

売れ残る黄砂の宅地みどりの日/清水晴子

つちふるや一天くらく林鳴り/長谷川素逝

朝粥抱く黄沙なごりの風の中/伊丹三樹彦

干す網に暮色もつるる霾ぐもり/高橋好温

黄塵に暮れゆく運河燈ともさず/竹下陶子

肉食家族に黄砂は夜を流れおり/寺井谷子

黄沙きて龍馬が裾を吹きにけり/古舘曹人

俳句例:141句目~

胡沙来る元冠の使者斬りたる碑/田中英子

霾天の海坂たるみ壹岐かくす/下村ひろし

黄塵の空にいく日ぞ鯉のぼり/軽部烏帽子

黄沙降る国へゆく日は兵として/赤尾兜子

黄沙降り博多の春も終りなる/小原菁々子

霾るや留学ビザのウェイトレス/下山宏子

銃眼を覗くや美濃の霾ぐもり/大矢美代子

いまだ見ぬ夫の故里黄沙降る/豊田美奈子

天涯のバッファローより霾れり/嶋田麻紀

つちふるや尾骨は天之忍男なり/五島高資

黄沙降る錨ころがり大いに銹び/横山白虹

黄塵の生れ止まざる国に来し/金田志津枝

つちふるや近くてとほき夫の声/和田祥子

象の背にキリンの首に黄沙降る/石川天虫

つちふるや乗る人のなき観覧車/瀧登喜子

霾天や盲ひたる日の在りどころ/石川予風

霾歇むと驢馬又粉を碾きはじむ/柳村来雨

烏賊干して呼子の沖は霾ぐもり/小林碧郎

つちふるや嫌な奴との生きくらべ/藤田湘子

霾ぐもり鞭をあげつつ馬車消ゆる/福田蓼汀

俳句例:161句目~

つちふると小さき机に向ひゐる/大峯あきら

黄塵来「みなとみらい」の一丁目/新井康村

黄塵の過ぎても牛のめつむれる/市村究一郎

黄塵に笠傾げゆく遍路かな/五十崎古郷句集

霾ると妻が告げ来ぬわれ臥すに/冨田みのる

黄砂ふる朝より二杯目のコーヒー/足柄史子

青春を斉すに似る黄砂が降る/竹下しづの女

つちふるや日輪たかく黄に変じ/長谷川素逝

をさまるはなき黄塵にむつき干す/依田明倫

いんいんと黄沙降りくる孔雀かな/吉田汀史

長城に茶を点てわれら胡沙の芯/加藤知世子

湯浴みつゝ黄塵なほもにほふなり/相馬遷子

つちふるや涙の目もて死をわらふ/石川桂郎

ジンギスカン走りし日より霾れる/有馬朗人

胡沙吹くや立ちつつ走る根なし草/加藤楸邨

胡人泊めし夜深の空の霾にごり/能村登四郎

黄砂ふる日を曼荼羅にぬかづきぬ/吉田汀史

蒙古風に船出ずといふや雁帰る/楠目橙黄子

壁画古墳人馬つちふるごとくなり/野見山朱鳥

暗いなあと父のこゑして黄沙せり/小川双々子

俳句例:181句目~

黄沙ふるあまたよみけるもののなか/田中裕明

驢馬の市つちふるまゝに立ちにけり/三篠羽村

身の灰を黄沙と均らし翔ばむかな/沼尻巳津子

驢馬を打つ鞭のひびけり胡沙ぐもり/毛塚静枝

黄塵の障子あかあかと日のびけり/川島彷徨子

つちふるや茶室に舟のつながれて/吉本伊智朗

黄塵を来てミサベールひらめかす/下村ひろし

ルービックキユーブのぎりり霾れり/大石雄鬼

霾るや墓地をくる手のひらひらと/波多野爽波

死して灰黄砂まじりに翔ぶもよし/鳥居おさむ

つちふるや抱きてつめたき独活の束/藤原如水

つちふるやおのれのほかはみな他人/田中裕明

黄沙来と涸れし乳房が血をそそる/竹下しづの女

汗の目はかがやき黄塵の頬はとがり/長谷川素逝

トランペット吹けばいよいよ黄沙降る/塩路隆子

つちふるやぬすまれさうに日が吹かれ/谷下一玄

霾やひしやげてながきクラクシヨン/夏井いつき

黄沙降る地に触れたまふ釈迦の御手/伊藤いと子

ひとむれのつばめがやつてきた黄沙がこないうちに/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました