季語/藁仕事(わらしごと)を使った俳句

「藁仕事」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「藁仕事」について

【表記】藁仕事

【読み方】わらしごと

【ローマ字読み】warashigoto

子季語・関連季語・傍題・類語など

・藁打つ(わらうつ:warautsu)

・縄綯う(なわなう:nawanau)

・俵編む(たわらあむ:tawaraamu)

・筵織る(むしろおる:mushiroru)

・藁沓編む(わらぐつあむ:waragutsuamu)

・叺織る(かますおる:kamasuoru)

季節による分類

・「わ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

藁仕事を含む俳句例

小六月藁打つ嫗藁の中/日野草城

焚火する為の鍋あり藁仕事/素十

藁打つや女人結界雪の中/上村占

藁打つて男が歌ふ子守唄/中村苑子

取壊すつもりの納屋に藁仕事/森田峠

空腹な冬の夕暮れ藁打てば/大井雅人

藁仕事土間は終日日当りて/熊谷秋月

鋼鉄の老人であり藁仕事/土見敬志郎

出稼の留守のわづかの藁仕事/大島鋸山

焚火するための鍋あり藁仕事/高野素十

荒るゝ日は筵戸下ろし藁仕事/大森積翠

藁仕事うしろに昼の海光り/依田由基人

藁打つや雪間の土に膝ついて/木村蕪城

藁打つ音くぐもり轍深みゆく/成田千空

いとけなき膝さしむけつ藁仕事/木村蕪城

藁仕事なくなりし父手が老ゆる/内館暁青

青鷺や音を辿れば藁打つ家/一ノ瀬タカ子

せきれいや注連の藁打つ白川女/河前/隆三

壊しては繋ぐおしゃべり藁仕事/早乙女未知

藁打つ音はじまる雪はまだやまず/大野林火

俳句例:21句目~

どびろくの酔ひにまかせて藁打てる/荒木嵐子

ひつそりと原子炉藁打つ村を消し/佐々木とみ子

漬けこみの菜を積み置いて藁仕事/長谷川かな女

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ