季語/渡り鳥(わたりどり)を使った俳句

俳句例:101句目~

白地図に色塗る今日を渡り鳥/耕二

鳥渡る岩場に挿して風車/古舘曹人

鳥渡る播州平野音もなし/西村和子

鳥渡る津軽三年味噌屋敷/古舘曹人

鳥渡る海峡を夜の離れつつ/及川澄

夕空に磐梯の弧や渡り鳥/手島靖一

鳥渡る湖辺に近き喫茶室/竹内恒子

渡り鳥日本の我を見しらぬか/一茶

鳥渡る父終生を小店守り/大塚信子

鳥渡る空の広さとなりにけり/友二

大富士の稜線の野や時鳥/渡邊水巴

大山の南に不二や渡り鳥/滝井孝作

椎樫を踏みこぼしてや渡り鳥/吾仲

渡り鳥来たり東の国の端/折井愚哉

水煙やそのうち人は渡り鳥/丸山海道

石見から周防の梢へ小鳥来ぬ/飴山實

漕ぎ出でし余呉の湖鳥渡る/大橋宵火

隣人の愛かなしさや渡り鳥/杉山岳陽

祝婚歌聖堂に満ち小鳥来る/宮下翠舟

造船所閉ぢたる街を鳥渡る/阿部寿雄

俳句例:121句目~

渡り鳥わが名つぶやく人欲しや/原裕

渡り鳥われに小さき机あり/仙田洋子

遠目にも崖の濡れ鳥渡る/中戸川朝人

茅舎なる一滴文庫小鳥くる/岩崎照子

銭透ける愛の泉や小鳥来る/楠見稲子

鳥渡るユーカリ根付く埋立地/酒井武

鳥渡る空や水車のから廻り/内田百間

渡り鳥仰ぐ一生旅のおもひ/村越化石

鳥渡る地に残されし哺乳壜/対馬康子

鳥渡る大空や杖ふり歩く/大谷碧雲居

鳥渡る空もうすぎぬ絹の道/中村明子

鳥渡る大陸の雲流るゝに/田原けんじ

針山に羽なき針や鳥渡る/磯貝碧蹄館

ゆめも青うつつも青や渡り鳥/かもめ

渡り鳥光輪となり嶺に触るる/太田嗟

靴穿いて発ち際の酒鳥渡る/皆川白陀

オカリナの音は紬色鳥渡る/小泉静子

渡り鳥古き挽歌を口ずさむ/内藤吐天

玩具屋に賭けし生涯鳥渡る/恩田秀子

鳥渡る城ある山のよく見えて/杉本寛

俳句例:141句目~

ロケツトの島未来あり鳥渡る/塙告冬

雲の根を押して出づるや渡り鳥/浪化

渡り鳥小田原城に梨食へば/石塚友二

一点の湖あれば鳥渡るなり/鈴木貞雄

盗掘をすとや彼方に渡り鳥/三好達治

一脚の床几に木地師鳥渡る/古舘曹人

鳥渡る堅田に飯を食ひをれば/下田稔

渡り鳥影も残さず渡り終ふ/小林康治

世紀末焼かれし森を鳥渡る/仙田洋子

丸亀七万五千石鳥渡り見ゆ/皆川白陀

渡り鳥渡りつくせり初冬蚕/栗生純夫

渡り鳥湖一枚をのこしけり/杉山岳陽

石塊を拾へば石器鳥渡る/岡本まち子

伯耆とは母来の国や鳥渡る/大石悦子

鳥渡る夕ベをさまる海のいろ/中拓夫

制服の肘の古びや鳥渡る/鈴木しげを

渡り鳥砂丘いよいよ現はれて/岸田稚

南帝の拠りし背山を鳥渡る/三村純也

渡り鳥西日明りの瀬に憩ふ/松村蒼石

鳥渡り了へしや不定定型や/加藤郁乎

俳句例:161句目~

噴煙のある日は高く鳥渡る/図師星風

鳥渡る山国の空ひきしめて/小林康治

渡り鳥見上ぐる國父記念校/高澤良一

穂芒の暮れてぞひくき渡り鳥/秋櫻子

城あとは丹波の真中鳥渡る/茂里正治

髭剃りし顎の手触り鳥渡る/深町一夫

鳥渡る小さき町の空満たし/佐野美智

渡り鳥近所の鳩に気負なし/小川軽舟

渡り鳥鳴くは古郷の咄かな/内藤丈草

紙箱の四隅が空くや鳥渡る/竹内悦子

絵踏跡の上の聖壇鳥渡る/岡部六弥太

渾身の一羽が率ゆ鳥渡る/須田冨美子

鳥渡り良寛の墓所昏むなり/西村公鳳

鳥渡る廃村の空ときに埋め/宮津昭彦

大空のまんなかを鳥渡りけり/尾崎足

大空の美しきとき鳥渡る/深川正一郎

鳥渡る雲取山は雲を呼び/成瀬桜桃子

天山のこと聞かせてよ渡り鳥/原田喬

太陽の火の粉となつて鳥渡る/堀内薫

鳥渡る頃を利尻の昆布売り/遠藤雪花

俳句例:181句目~

奈良なれば大仏殿や渡り鳥/尾崎迷堂

妻のこゑ聞かぬ幾日鳥渡る/藤崎久を

谷底の墓に照る日や鳥渡る/内田百間

鳥渡り月渡る谷人老いたり/金子兜太

小石川も音羽の空や渡り鳥/野村喜舟

鳥渡る香林坊にバス待てば/茂里正治

山の巫女高く筒鳥渡しけり/萩原麦草

山の神水の神ゐて鳥渡る/長谷川公二

ほんの少し自惚鏡小鳥来る/中村明子

山蔭に渡り鳥聞く戻らうよ/原田種茅

一頁づつ読む詩集小鳥来る/田村了咲

川下の千住曇りぬ渡り鳥/大場白水郎

分校は大きな巣箱小鳥来る/茨木和生

諸ろ諸ろの鳥渡るらむ灘曇り/原石鼎

鳥渡る山の高さを仰ぎけり/島田青峰

大道芸の鞄開けば小鳥来る/一/民江

御林や日高にとまる渡り鳥/水田正秀

忌に集ひ来て日本海鳥渡る/伊藤京子

愛うすき日の青空を鳥渡る/仙田洋子

天遠く下り来し小鳥皆光る/内藤吐天

タイトルとURLをコピーしました