季語/ごまめを使った俳句

「ごまめ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ごまめ」について

【表記】ごまめ

【読み方】ごまめ

【ローマ字読み】gomame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・田作(たづくり:tazukuri)

・五万米(ごまめ:gomame_)

・小殿原(ことのばら:kotonobara)

季節による分類

・「こ」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

ごまめを含む俳句例

田作や松千本の音なかり/齋藤玄

田作りや田作人の祝き肴/逸見竹石

齢重ねなほ田作のほろ苦き/鷹野映

存へての新二千年田作食ぶ/小野希北

田作の秤りこぼるる光かな/永井暁江

田作を剥がす力の箸の反り/服部青駕

ごまめ噛みつゝ減反の話など/水野紀子

ごまめ噛んで齢一つを重ねけり/持田子

集ひ来し子孫と祝ふ柿ごまめ/堀/勇夫

田作や箸に触れ合ふ海の色/柴田清風居

ごまめの香母をとりまく三兄弟/岡本一代

ごまめ喰ふ暦日めぐり来て迅し/角川春樹

献体にまだある迷ひごまめ炒る/塩路隆子

田作はさはにさやかに目をならべ/飴山實

田作や河童に入歯なかるべし/秋元不死男

いちどきの箸に糸引くごまめかな/藤井恒子

ごまめ吊るす炬燵信濃に母と居て/宮坂静生

ごまめ噛むこめかみ奥歯父にあり/熊谷愛子

ごまめ噛む歯のみ健やか幸とせむ/細川加賀

ほろ苦き来し方は夢ごまめ噛む/秋山佳奈子

俳句例:21句目~

田作のこんがらがつて出来上る/今井千鶴子

よきこゑにささやきゐたる古女かな/森澄雄

古女噛むことも試練の一つとして/高澤良一

古女噛めば歯ぐきに当りちらしけり/高澤良一

どれもこれも目出度く曲るごまめかな/角川照子

自嘲して五万米の歯ぎしりといふ言葉/富安風生