季語/鞠始(まりはじめ)を使った俳句

「鞠始」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鞠始」について

【表記】鞠始

【読み方】まりはじめ

【ローマ字読み】marihajime

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蹴鞠始(けまりはじめ:kemarihajime)

・初鞠(はつまり:hatsumari)

季節による分類

・「ま」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

鞠始を含む俳句例

鞠長のいや畏みて鞠始/大橋敦子

まつすぐに禰宜の一蹴鞠始/苅谷曳杖

初鞠やあまりに高き渡し鞠/藤田耕雪

大空に蹴あげて高し鞠始/山崎ひさを

初鞠やかむり崩れし立烏帽子/藤田耕雪

初鞠や烏帽子のかけ緒締め直し/西村博子

鞠始ありゃおうと継ぎ庭燎かな/松田曼莉

「とう」と蹴り烏帽子のあやふき鞠始/桝井順子