季語/初東雲(はつしののめ)を使った俳句

「初東雲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初東雲」について

【表記】初東雲

【読み方】はつしののめ

【ローマ字読み】hatsushinonome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初曙(はつあけぼの:hatsuakebono)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の天文」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初東雲を含む俳句例

人形に初東雲の色の髪/鈴木伸一

水仙に初東雲や洛の水/松瀬青々

内海や初東雲の島いくつ/小島花枝

初東雲珊瑚の薄紅鮮しき/川口爽郎

木の中に初東雲の柳かな/武定巨口

残火棄つ初東雲の大川に/落合水尾

阿倍館の初東雲や河曲る/宮慶一郎

初東雲暁闇に幹潜みゐて/新谷ひろし

汲みに出て初東雲の泉かな/田中兆木

裏山に初東雲の蒼からむ/松田ひろむ

鵜の礁初東雲に見えわたり/富安風生

一生のあかときいくつ初曙/新谷ひろし

初あけぼの正倉院の塀に沿ふ/吉野義子

初東雲あめつち富士となりて立つ/岡田貞峰

初東雲かがり火浴びて詣でけり/島田とし子

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ