季語/枯葎(かれむぐら)を使った俳句

「枯葎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枯葎」について

【表記】枯葎

【読み方】かれむぐら

【ローマ字読み】karemugura

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

枯葎を含む俳句例

金色の小菊入りぬ枯葎/耕衣

枯葎隠れもならず雀ども/実

売惜む空地久しや枯葎/飄亭

身心に鈴一個在り枯葎/枇杷男

枯葎礫ふみわけ友の喪へ/欣一

音立てて枯葎出る蜻蛉かな/桐明

朝々や掃きへらさるる枯葎/鶏二

鴎さへひそめて風の枯葎/草田男

青き葉に集まる露や枯葎/素風郎

短日の雨音たてぬ枯葎/内藤吐天

老人の覚え崩れの枯葎/永田耕衣

色に出ぬ火を放ちけり枯葎/間石

茂るさへ淋しきものを枯葎/太祇

枯葎万の星浴び入坑す/浅川方銭

念仏寺閉門となる枯葎/松本澄江

初蝶のたち上りたる枯葎/高濱年尾

酔眼を瞠きみひらき枯葎/石川桂郎

天河の奥へごつごつ枯葎/金子晴彦

枯葎の色も父なき日数かな/岸田稚

韓見えて元寇跡の枯葎/文挾夫佐恵

俳句例:21句目~

鶺鴒の飛ぶを河とす枯葎/野村喜舟

母訪ふや上を袖行く枯葎/永田耕衣

燈台の裾風みゆる枯葎/柴田白葉女

つれ立ちて神来る音や枯葎/上村占

枯葎母の和服の黒澄めり/羽田貞雄

枯葎とくとくと鳴る坂泉/巌谷小波

枯葎兎の出づる事も無し/尾崎迷堂

生ながらいなご凍てゆく枯葎/月草

満月にけぶるかたちの枯葎/福永耕二

かれ葎かなぐり捨もせざりけり/一茶

枯葎馬車はいくとせ鉄運ぶ/石田波郷

こゝに来て聞ゆ呪文や枯葎/河野静雲

しみじみと雨の降りこむ枯葎/澤ゑい

あきらかに水動きけり枯葎/萩原麦草

枯葎昼の時間をうすく置く/藤田湘子

もの音の沈みしづみて枯葎/飯田龍太

初午やいよいよ猛る枯葎/大峯あきら

四五人の游女すみけり枯葎/松瀬青々

水音を聞きのがさじと枯葎/瀧澤宏司

枯葎深々させる入日かな/深川正一郎

俳句例:41句目~

負け犬の来て尿れるよ枯葎/楢江七郎

枯葎望郷の碑に日のぬくみ/木村久美

秋雨や蜘蛛とぢて伏す枯れ葎/原石鼎

野良猫に金属かくす枯葎/北原志満子

枯葎伊豆の海鳴封じ込め/木下ふみ子

枯葎ぽうと地中を賑やかに/永末恵子

青き鳥ゐて枯葎さゆらぎす/石塚友二

枯葎杏雨へ杖を伐りし辺は/石川桂郎

枯葎嵩の減りゆく時雨かな/西山泊雲

枯葎落日の珠しづめたる/鷲谷七菜子

田を越えて鳥の隠るる枯葎/廣瀬直人

つぶやきて人のかへりし枯葎/下村槐太

天日にまどろみありぬ枯葎/櫛原希伊子

我影のうらうら濃さよ枯葎/水原秋桜子

松風のやゝのしづもりの枯葎/清水基吉

枯葎蝶のむくろのかゝりたる/富安風生

枯葎記憶の母がうずくまる/長谷川秋子

あたゝかな雨がふるなり枯葎/正岡子規

この人に祷りせしのみ枯葎/百合山羽公

枯むぐら赤子の声と思いけり/橋石和栲

俳句例:61句目~

ものの影ばさと置きたる枯葎/木下夕爾

ものゝ実の蔓もゆかしや枯葎/子規句集

乗りついで遠くなる海枯葎/田中みち代

そくそくと日脚が移る枯葎/豊長みのる

色わろき月がでて居り枯れ葎/永田耕一郎

枯葎にびんの見えいる子守唄/北原志満子

枯葎二月の雪を沈めたる/吉武月二郎句集

枯葎をとこの肘に日の射して/小島千架子

あきらかに笑ふ手の見え枯葎/小島千架子

枯葎人ごゑともるごと過ぎぬ/古賀まり子

もの音の沈みしづみて枯むぐら/飯田龍太

静かさや日のさしとほす枯葎/松根東洋城

枯葎やうやく刈られ春めきし/長谷川かな女

枯むぐら窯くづれては土となる/山野邊としを

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ