季語/鰹(かつお)を使った俳句

「鰹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰹」について

【表記】鰹

【読み方】かつお

【ローマ字読み】katsuo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・堅魚(かつお:katsuo_)

・松魚(かつお:katsuo__)

・えぼし魚(えぼしうお:eboshiuo)

・鰹売り(かつおうり:katsuori)

・夜鰹(よがつお:yogatsuo)

・鰹時(かつおどき:katsuodoki)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

鰹を含む俳句例

松舟子供上りの漁夫もゐる

関の清水古里恋し生鰹/青雲

釣鰹五戒はいかに禅徳寺/沾葉

黒潮の中の一点鰹船/坂本鬼灯

釣竿の竹大束や鰹船/渡辺水巴

鰹船飯くふ裸身車座に/瀧春一

虫ぼしや片山里の松節/炭太祇

鰤飛て鰹躍るや師走の賦/米仲

風すずし膳出しかかる花鰹/洞木

若水に鰹のをどる涼しさよ/其角

籠の目や潮こぼるゝはつ鰹/葉拾

鰹見し若葉は紅葉はしり鮭/涼山

寺涼し松かく音厨より/河野静雲

鰹売いかなる人を酔すらん/芭蕉

盤台に松生きたり若楓/正岡子規

盤台に鰹生きたり若楓/子規句集

鰹切る俎いつも水流れ/今瀬剛一

鰹の時宿は雨夜の豆腐かな/素風

年々や家神に供ふ塩鰹/川合仙子

水離れに藍迸る鰹かな/中島月笠

俳句例:21句目~

鰹船押しならびたる潮暑く/瀧春一

かたまりて灯台沖の鰹船/大沢一栄

鰹船真珠筏を揺らし発つ/和田暖泡

鰹荷の跡は巳日の道者哉/榎本其角

明残る月や権右衛門が鰹船/谷活東

鰹釣る発止々々と胸に受け/楓巌濤

鰹釣る胴の間に飯噴きこぼれ/樟豊

わが宿のおくれ鰹も月夜かな/蕪村

松売幡随院を見知りけり/高田蝶衣

世に青きものゝさかりや鰹時/素角

桟橋に灯を投げ繋る鰹船/岡安迷子

作務僧の鰹さげ来る竹曇/橋本榮治

信濃路や松はみねど時鳥/井上井月

修務僧の鰹さげ来る竹曇/橋本榮治

梅は実に赤銅色の鰹塚/澤柳たか子

河口の潮ぶつかけ洗ふ鰹船/瀧春一

半島に足を伸ばせる鰹季/高澤良一

煙よけの眼鏡ゆゝしや鰹焚き/篠原

土に坐す婆の渡世や乾鰹/古舘曹人

煮鰹をほして新樹の烟哉/服部嵐雪

俳句例:41句目~

立秋や汗ばみて鰹だく男/萩原麦草

糶市の太声に暁け鰹基地/福田蓼汀

縞なす青潮一老まじる鰹船/飴山實

大鰹縞目正して糶を待つ/水原春郎

見る限り戻り鰹の潮色に/茨木和生

足摺の男と生まれ鰹釣り/坂本鬼灯

鎌倉と名のつて死る松哉/正岡子規

青葉時鳥松老しが恨なり/尾崎紅葉

岬々に鳶の主ゐて鰹潮/鳥居おさむ

鰹千本枕ならべて朝糶に/北野民夫

鰹潮とどろき燈台屹立す/中村明子

初なづな鰹のたゝき納豆まで/素堂

鰹糶る港は人の目聰くて/古舘曹人

年年や青葉に着たし鰹縞/高橋睦郎

指箸に鰹生肝ほいと喰ふ/後藤綾子

鰹船大滝見ゆる浦を出づ/河出斜陽

水揚げの裸灯の揺るる鰹船/栗山妙子

鰹船戻るよ波を厚くして/金田あさ子

糶聲やひたに藍さす鰹の眼/古舘曹人

鰹船帰る砂丘も鼓動して/百合山羽公

俳句例:61句目~

むらさきに松泳がし宵の酒/高澤良一

もの古りし港の雨や鰹船/五島沖三郎

下部等に鰹くはする日や仏/服部嵐雪

瓜もみや風に吹き散る花鰹/河原白朝

鰹売りいかなる人を酔はすらん/芭蕉

出航の灯がいきいきと鰹船/芳野正王

武者幟きそふや島の鰹どき/笹井武志

鰹舟南風の黒潮漕げり見ゆ/西島麦南

港空ラつぽ鰹をいぶす煙流れ/杉本寛

土佐日記はじまる浦の鰹船/桑原志朗

鰹の尾林立させて運びゆく/広瀬一朗

天日干し鰹を吹けり時津風/高澤良一

花柚に松に句ある頃ならん/寺田寅彦

富士の嶺に鰹あがらで道者かな/松吟

尾で提げて一尾の鰹冬の蒼/中島斌雄

市にけふたゞ三本の鰹かな/小澤碧童

鰹糶つて朝月仰ぐ男なし/神尾久美子

年よらぬ顔ならべたやはつ鰹/炭太祇

艫揃へや波太が漁長鰹舟/河東碧梧桐

散らばるは十中八九鰹船/宇多喜代子

俳句例:81句目~

鰹揚ぐ手送りに月滴れり/平松弥栄子

鰹きて燈台の器具青光る/百合山羽公

昨日今日鰹みえたり秋の雨/増田龍雨

時鳥鰹を染めにけりけらし/松尾芭蕉

糶を終へ底を乾かす鰹船/榎本冬一郎

種子島隠すうねりに鰹釣る/南光翠峰

鰹幟立てて焼津市文化の日/宮下翠舟

荒神輿河岸衆鰹だかりなり/荒井正隆

大勢の中へ一本かつをかな/服部嵐雪

蒸したるも鯛と松を貶しけり/森鴎外

鰹船舳のたかぶりに岬暁く/松林朝蒼

松船子供上りの漁夫もゐる/高濱虚子

暗がりに水のひらめき鰹糶る/小田司

鰹釣名人にしていごつそう/清崎敏郎

黒潮の色香染み込みたる鰹/岩城鹿水

泳ぎ子は鰹の烏帽子怖れけり/籾山柑子

鰹つり妻はまつほのうら船か/松岡青蘿

鰹船来初め坊の津の春深し/水原秋櫻子

松買ふて債ある酒屋叩きけり/酒葉月人

鰹来る大土佐晴れの濤高し/福田甲子雄

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ