季語/寒菊(かんぎく)を使った俳句

「寒菊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒菊」について

【表記】寒菊

【読み方】かんぎく

【ローマ字読み】kangiku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・霜の菊(しものきく:shimonokiku)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

寒菊を含む俳句例

寒菊や赤土壁の鷹の糞/史邦

寒菊や水屋の水の薄氷/蓼太

寒菊の会鉢十三四/喜谷六花

寒菊や蕪引たる裏の畑/五城

寒菊の隣もありや生大根/許六

寒菊は白き一輪狸汁/山口青邨

星冴て寒菊白う成にけり/唄子

寒菊や醴造る窓の前/松尾芭蕉

寒菊や粉糠のかゝる臼の端/芭蕉

老友の学習院長霜の菊/高浜虚子

寒菊や年々同じ庭の隈/高浜虚子

寒菊やけふはほとびて朝雫/野坡

君病めば机上の菊に冬の影/林翔

寒菊や一代限の女の日/石塚友二

冬菊や蕪村の墓に飴一つ/松本進

館址冬菊は日を聚め立つ/有働亨

寒菊の気随に咲くや藪の中/来山

冬菊を括るや影も塊に/南うみを

寒菊に古鏡の塵を払ひけり/紫影

寒菊を仏にいつも~哉/松瀬青々

俳句例:21句目~

寒菊や風の中なる鏡山/石原八束

水たごに寒菊ゆゆ竈壁/大阪-荘人

霜菊や母に外出の一と日あり/澄雄

人柄を辻まで広げ寒の菊/増田萌子

常滑の土管色して冬の菊/高澤良一

寒菊の霜を払つて剪りにけり/風生

冬菊を焚いて埃と煙かな/西村純吉

寒菊や坪に日のさす南請/浜田酒堂

弱りつゝ当りゐる日や冬の菊/草城

舟宿を坂の真下に冬の菊/斎藤梅子

寒菊は咲きぬ吾庵仏無し/渋川玄耳

花びらを重ねて寒の菊にほふ/龍太

定年は人生途上寒菊挿し/古舘曹人

寒菊や呉山の下の百姓家/野村泊月

寒菊に頬かぶりする小猿かな/一茶

寒菊やなほなつかしき光悦寺/召波

寒菊の一本の香に置手紙/細川加賀

寒菊や火を焼く方の真さかり/李由

寒菊や朝日の早き机さき/井上井月

寒菊や茂る葉末のはだれ雪/炭太祇

俳句例:41句目~

寒菊や日の照る村の片ほとり/蕪村

寒菊や愛すともなき垣根かな/蕪村

寒菊や虱をこぼす身のいとま/白雄

寒菊や顔も洗はず懐手/京僧-通達

寒菊や鶏を呼ぶ畑のすみ/尾崎放哉

寒菊の土掃きたてゝ人貧し/長谷川双

寒菊やいも屋の裏の吹透し/子規句集

寒菊や母に外出の一と日あり/森澄雄

寒菊や霜の板踏む路次の内/藤野古白

冬菊挿す妻の言中の人幾人/石田波郷

寒菊や仏となりし御身の色/尾崎紅葉

冬菊の有為の光干しものへ/下村槐太

壮年の子として墓前寒菊に/古館曹人

冬菊の臙脂を畑の色どりに/高澤良一

寒菊の花の衾に寝まりまし/石塚友二

冬菊のいちめんそれも麹色/高澤良一

寒菊に夕の海光おとろへず/石原八束

寒菊を懐炉を市に求めけり/臼田亞浪

泉水に沿うて寒菊とび~に/野村泊月

寒菊や母のやうなる見舞妻/石田波郷

俳句例:61句目~

寒菊に野武士も住むか和邇堅田/史邦

寒菊や佛師が妻の肺を病む/寺田寅彦

囲はれて白極まりし寒の菊/河本好恵

寒菊や消炭干せし売る茶亭/鈴木芋村

石坑の口あたたかし冬の菊/西本一都

寒菊と白き障子を隔て住む/福田蓼汀

寒菊や猶なつかしき光悦寺/黒柳召波

霜の菊傷つきし如膝重し/水原秋桜子

冬菊に母恋ふ一日暮れにけり/加藤春子

冬菊やたへず雲来て義士の塚/奥田鷺州

冬菊やほとけの美身法を越え/井沢正江

冬菊や忌日にのこす二三輪/大橋櫻坡子

寒菊やつながれあるく鴨一つ/渡辺水巴

寒菊の雪をはらふも別れかな/室生犀星

冬菊を前に病ひに勝てるひと/高澤良一

剪り惜しむ冬菊なれば丈長く/高澤良一

寒菊や人声またく吸うて萎ゆ/栗生純夫

寒菊のうしろに廻る多摩の山/古舘曹人

寒菊に立座二体の観世音/長谷川かな女

寒菊に日ざし来てほぼ午となる/上村占

俳句例:81句目~

寒菊や野鍛冶媼さを向う槌/伊藤いと子

寒菊に小さき喜びごとのあり/福田蓼汀

寒菊の古薦のぞく日和かな/美濃-嵐舟

寒菊の従容として剪られけり/青木重行

寒菊を憐みよりて剪りにけり/高浜虚子

よろ~と寒菊咲いて日の薄さ/梅澤墨水

寒菊を挿し喰初の鶴の椀/長谷川かな女

寒菊を洗ひて挿すやもとの甕/栗生純夫

左の目病む寒菊の重さかな/佐怒賀直美

庭に餅つくと寒菊束ねけり/池上浩山人

我に返り見直す隅に寒菊赤し/中村汀女

手につたふ寒菊の虫瀬に払ふ/宮武寒々

寒菊にふれし箒をかるく引き/星野立子

寒菊の咲きかたまれる籬かな/富安風生

寒菊の日向日陰を掃きにけり/渡邊水巴

泣く中に寒菊ひとり耐へたり/服部嵐雪

消炭に寒菊すこし枯れにけり/室生犀星

寒菊の日和を愛でて庭に在り/橋本鶏二

寒菊やわきてかしこき莟がち/黒柳召波

はふり人それぞれ冬の菊もてる/飴山實

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ