季語/薬喰(くすりぐい)を使った俳句

「薬喰」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薬喰」について

【表記】薬喰

【読み方】くすりぐい

【ローマ字読み】kusurigui

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鹿売(ろくうり:rokuri)

・寒喰(かんぐい:kangui)

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

薬喰を含む俳句例

唐丸や逢夜をのぶる薬喰/立独

薬喰隣の亭主箸持参/與謝蕪村

薬喰罪科もなし高鼾/中村史邦

掛時計胴震ひせり薬喰/小澤實

食客や机の下の薬喰/尾崎紅葉

親舟に人集りぬ薬喰ひ/会津八一

見てとりし後姿や薬喰/井上井月

健啖の己ともなし薬喰/皿井旭川

叡山の風の尖るや薬喰/江口柳太

薬喰背中淋しき漢どち/山田弘子

旨酒のことに吉野の薬喰/小島健

妻や子の寝顔も見えつ薬喰/蕪村

猪に闇嗅がれつつ薬喰/矢島渚男

戸を叩く音は狸か薬喰/子規句集

てら~と飽食の顔薬喰/向野楠葉

氈帳に短檠くらし薬喰/黒柳召波

薬喰北斗七星極まりぬ/宮坂静生

日曜の家族の揃ふ薬喰/満田玲子

薬喰や明くるをまたぬ鶏汁/露甘

一灯の低きを囲み薬喰/若井新一

俳句例:21句目~

頑の妻を持ちけり薬喰/石井露月

あきらかに夜雲の通る薬喰/岸田稚

遠吠えの山湖を渡る薬喰/関森勝夫

牛肉は食べぬ媼の薬喰/吉田長良子

生神に見放されずに薬喰/山田庄蜂

白山に雪来しといふ薬喰/荏原京子

薬喰全うせむと餅も煮る/皆吉爽雨

くらがりに幹犇きて薬喰/鈴木渥志

薬喰囲炉裏框を膳として/野原春醪

薬喰峡の荒星ともりけり/石野冬青

薬喰座右に瑠璃の砂糖壺/松瀬青々

山冷のどんぞこ薬喰の旬/藤田美乗

蘭学の書生なりけり薬喰/正岡子規

よき衣に前垂貸しぬ薬喰/高田蝶衣

谷の月いよいよ白し薬喰/山本洋子

長言す人去られけり薬喰/黒柳召波

雑茸に箸をもつぱら薬喰/中村将晴

鬼貫の伊丹にありて薬喰/多田薙石

女らの息寄せ合ひて薬喰/金田初子

子心や親にすゝむる薬喰/高浜虚子

俳句例:41句目~

客人に見物させて薬喰/平田-禅桃

山を出て川が唄へり薬喰/大石悦子

山影のずんずん迫る薬喰/内田美紗

年古りし狸を得たり薬喰/皆川丁堂

我畑の根深持て行け薬喰/松瀬青々

ラグビーの傷を頬にし薬喰/亀井糸游

薬喰して出て大路しんの闇/亀井糸游

裏木曽の闇ふかまれり薬喰ひ/岬雪夫

かさ~の手に酒ぬりつ薬喰/高田蝶衣

奥祖谷の旅籠炉端の薬喰ひ/日守むめ

薬喰おぼつかなさに人誘ふ/高井几董

生家にも墓にも寄らず薬喰/茨木和生

寒気団たのもしかりし薬喰/茨木和生

晴れつくしたる夜が来て薬喰/森澄雄

薬喰敷居の溝の減りゐたり/小川軽舟

窓を圧す山の闇あり薬喰/豊長みのる

山峡のどんづまり宿薬喰/石井とし夫

ルオーの絵貼る百姓家薬喰/藤田湘子

借りて来し鍋大いなり薬喰/星野麦人

谷奥より闇のかたまり薬喰/友岡子郷

俳句例:61句目~

邪魔が来て門敲きけり薬喰/横井也有

金精の峠閉じたる薬喰ひ/藤田十紀子

鍋奉行師がつかまつる薬喰/田中英子

鎌倉のかたき豆腐や薬喰/島村元句集

薬喰い今朝の卵は黄味二つ/富田潮児

一人立ち障子をあけぬ薬喰/高浜虚子

薬喰した夜は聴かず松の声/井上井月

海豚とは知らせてをらず薬喰/茨木和生

いまひとつ素直になれぬ薬喰/金堂豊子

夜晴れしことにつどひて薬喰/田中裕明

うまきとはいつはりがまし薬喰/炭太祇

きつさきを立てて葱煮ゆ薬喰/亀井糸游

人の引く風邪は引かじと薬喰/亀井糸游

ぞろぞろと高見の星や薬喰/大峯あきら

たべ足りし箸をおきけり薬喰/富安風生

みちのくの桑のしもとや薬喰/藤田湘子

シリウスの青眼ひたと薬喰/上田五千石

ラヂオより浅間火噴くと薬喰/村山古郷

蜂の子も小鉢につきて薬喰/田中すゑの

下ろしても煮えたつ鍋や薬喰/下村梅子

俳句例:81句目~

風吹いて消えさうな灯よ薬喰/細川加賀

巻きかけし歌仙うとむや薬喰/石田波郷

煮えふるふものに箸のべ薬喰/皆吉爽雨

お手塩の四五切れながら薬喰/大久保和男

薬喰ひ小首かしげて妻はあり/成瀬正とし

ちちぶさのくらくてならず薬喰/関戸靖子

膳のあしふらふらとする薬喰/阿波野青畝

薬喰わりなき人をだましけり/大須賀乙字

すそ分けのひと並べなる薬喰/楠原/晴江

風音に追はるるこころ薬喰/鍵和田ゆう子

薬喰冷えるといふはひざかしら/中川四明

行人を皿でまねくや薬喰/一茶/文政五年壬午

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ