季語/和布刈神事(めかりのしんじ)を使った俳句

「和布刈神事」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「和布刈神事」について

【表記】和布刈神事

【読み方】めかりのしんじ

【ローマ字読み】mekarinoshinji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・和布刈(めかり:mekari_)

・和布刈禰宜(めかりねぎ:mekarinegi)

季節による分類

・「め」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

和布刈神事を含む俳句例

磐石にのりて傾く和布刈桶/久保晴

岩掴み岩をつたひて和布刈禰宜/林徹

左右左と松明うごく御和布刈/森田峠

初潮に和布刈の神の岩沈む/五十嵐播水

早鞆の真夜の潮の和布刈禰宜/江上紀夫

海かけて伊勢の神領和布刈舟/長谷川櫂

袴まで和布刈神事の潮満ち来/宮崎松果

走り寄る浪の白さや和布刈桶/矢上蛍雪

和布刈る禰宜のたすきの結び瘤/秋武久仁

波際に神酒たらたらと初若布刈/安達波外

渦潮を照して和布刈神事かな/松田/禹川

潮迅し和布刈神事のすゝみをり/高浜年尾

落潮の早瀬にたちて和布刈禰宜/小池森閑

青潮に炬火抛げ和布刈神事果つ/横山房子

和布刈る神の五百段ぬれてくらし/横山白虹

注連はつて真青き箍の和布刈桶/米谷秋風子

海彦にささぐる若布刈りにけり/阿部いく子

潮垂るゝまゝ御簾ふかく和布刈桶/毛利提河

潮騒の闇ををろがみ和布刈禰宜/笠松崎帆子

若布刈神事誘はれゐしを寝ねにけり/藤中和

俳句例:21句目~

おだやかに和布刈神事の夜の明ける/磯野充伯

ももだちの脛もあらはに和布刈禰宜/永田紫暁子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ