季語/水菜(みずな)を使った俳句

「水菜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水菜」について

【表記】水菜

【読み方】みずな

【ローマ字読み】mizuna

子季語・関連季語・傍題・類語など

・京菜(きょうな:kyona)

季節による分類

・「み」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

水菜を含む俳句例

挑灯に水菜揃へる冬夜かな/許六

下京や月夜月夜の水菜畑/庄司圭吾

兜抜毘沙門天に水菜あげ/高澤良一

一握り塩振る水菜春の霜/小林康治

春雪の忽ち溶けぬ水菜畑/鈴鹿野風呂

雪蹴つて水菜畑をゆく童女/飯田龍太

水菜畑伯父は岬へ鳥撃ちに/遠山郁好

久世水水菜の薹に春暮れぬ/喜谷六花

鳥籠にあふるる京菜愛鳥日/河口白涯

水菜太るや桂離宮の塀の外/村山古郷

歯応への残る水菜の茄加減/稲畑汀子

山鵯の水菜喰らへり別れ霜/巌谷小波

夜の水菜畠の辺にて別離の辞/下村槐太

水菜採る畦の十字に朝日満ち/飯田龍太

春雨や京菜の尻の濡るるほど/夏目漱石

なほ寒く水菜浮きをり家祇の井/上村占

はりはりと水菜明日へ快速球/遠藤秀子

水菜の芯乱して雪の消えし跡/右城暮石

一束の水菜うつくし旅の町/鳥羽とほる

水菜洗ふ指輪なき指暮れ残る/谷口桂子

俳句例:21句目~

三山の見えて寺領の京壬生菜/都筑智子

下京の水菜も薹の立ちにけり/清水基吉

洗ひたる水菜の丈を揃へ剪る/川口利夫

葉を四方に京菜土より噴く形/納漠の夢

髪ゆふたところへ雪の水菜売/松瀬青々

庭畑の水菜たのもし別れ霜/下村ひろし

夕月の寒しと水菜さげてゆく/太田鴻村

あをあをと壬生菜一畝白毫寺/丹野富佐子

一束の水菜の紅を揃へけり/すずきりつこ

京ことば水菜畑にただよひし/紅家いと子

京菜あるに白を得たる夕餉かな/渡邊水巴

水のみに育つ水菜よ浄き妻よ/柴田白葉女

水菜さげ霧の峠のゆきだおれ/吉田さかえ

水菜とは菜つ葉のなかの哲学者/橋本鶏二

日暮すこし日の射す水菜畑かな/能村研三

抱へたる水菜が首につめたくて/岸本尚毅

笹鳴や壬生菜にふりし味の素/鈴木真砂女

吾畑のものを摘みたる水菜かな/天野菊枝

雪嶺より水来て水菜萌えたたす/伊藤霜楓

京菜洗ふ青き冷たさ歌うたふ/加藤知世子

俳句例:41句目~

灯明きに水菜と鰤の血を置きて/右城暮石

いつの間に水菜の泥が頬つぺたに/岸本尚毅

みづうみの雪に洗ひし水菜かな/大峯あきら

母とほく姉なつかしき壬生菜かな/大石悦子

壬生菜採る朝の愛宕の晴れを見て/茨木和生

京菜洗ふとき生き生きと母の指/古賀まり子

京菜撰りて主婦に戻れり調律師/村上千鶴代

清明の水菜歯ごたへよかりけり/鈴木真砂女

京菜解けば馬追虫いでぬ雪が降る/渡邊水巴

京菜にふる塩黎明の雪のやうに/岡崎ゆき子

さつくりと京菜裁ちたる刄かな/坊城としあつ

京菜洗ふしなやかに水ほぐしては/成智いづみ

水菜漬うましと云えば又漬ける/中神/三川子

水菜のかぶの大きさをあるじも見をる/喜谷六花

水菜見るみづみづしさの画にはならず/右城暮石

スタートは水菜でありぬ女子マラソン/たまきみのる

腹赤より先に九条の水菜かな/京-定之/元禄百人一句

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ