季語/女礼者(おんなれいじゃ)を使った俳句

「女礼者」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「女礼者」について

【表記】女礼者

【読み方】おんなれいじゃ

【ローマ字読み】onnareija

子季語・関連季語・傍題・類語など

・女賀客(おんながきゃく:onnagakyaku)

・女礼(おんなれい:onnarei)

季節による分類

・「お」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

女礼者を含む俳句例

島嶼巡れる女礼者一人/黒田杏子

我も亦女礼者と装へり/星野立子

よく笑ふ女礼者や草の庵/高浜虚子

女弟子女礼者として見ゆ/後藤夜半

涙ぐむ話に女礼者かな/有地由紀子

相逢うて女礼者や物語/松根東洋城

女礼まづ妹の来りたる/高橋淡路女

そこまでと女礼者を送る妻/重厚爽美

時しめし合せて女礼者来る/高木石子

満月が女礼者の肩ごしに/佐藤明日香

パン抱へ女礼者の帰路急ぐ/小室藍香

嬰泣きて女礼者の帰りけり/浦野芙美

美しき女礼者に燈ともせり/角川春樹

胸もとの艶なる女礼者かな/堤俳一佳

連合うて女礼者にある序列/山縣輝夫

隣り合ふ本家へ女礼者かな/太田光子

女礼者廚にも手を貸しくれぬ/井沢正江

女礼者汐ひくごとく帰りけり/牧野寥々

居ることの妙なる女礼者かな/藤田湘子

杖をとりまゐらす女礼者かな/後藤夜半

俳句例:21句目~

産見舞かねての女礼者来る/名和三幹竹

あな醜の脂粉めでたき女礼者/飯田蛇笏

よき衣の女礼者をねたみけり/下村梅子

二人目の女礼者の子の手ひき/後藤夜半

藪蔭より出で来し女礼者かな/村山古郷

夕闇に女礼者の寄る灯あり/五所平之助

女礼者の戻り急げる機屋町/杉岡せん城

雪払ふたしかに女礼者たり/佐々木有風

女礼者レール何条をも跨ぐ/加倉井秋を

オリーブの島より女礼者来し/小路智壽子

女礼者らしく古風につゝましく/高浜虚子

繭の香をまとひし女礼者かな/瀧澤伊代次

日暮れたる女賀客に灯しけり/池内たけし

女礼者ふるさとの味よろこびぬ/木下ローズ

女礼者宇治橋をゆくあと知らず/波多野爽波

譲り合うて入り来る女礼者かな/川原田蒲公英

女礼者と云ふには小さくいとけなく/押田千代子

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ