季語/色鳥(いろどり)を使った俳句

「色鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「色鳥」について

【表記】色鳥

【読み方】いろどり

【ローマ字読み】irodori

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「い」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

色鳥を含む俳句例

色鳥の諸音熱くす山の襞/原裕

色鳥が一日あそぶ父の谷/原裕

色鳥の連呼遠のく大廂/高澤良一

色鳥に心遊べる主かな/高浜虚子

寶物に加え色鳥蔵す寺/高澤良一

色鳥も来ぬ絶壁の山鴉/大島民郎

逆光に色鳥彩を失へり/千原叡子

色鳥や筵一枚夕日の座/村越化石

色鳥や橋長く山々近し/内田百間

色鳥の来て遠き川遠き橋/岸田稚

色鳥や古沼二つ睦み合ひ/手塚美佐

色鳥の山荘人の稀に来る/高浜年尾

色鳥の散りて磧の砂の月/内田百間

切れ雲に色鳥や川砂光る/内田百間

色鳥も讃仏の声加へたり/野村慧二

川原の砂ほこり色鳥低し/内田百間

川原の砂ほこり色鳥渡る/内田百間

色鳥のこゑを引出す梅擬/高澤良一

色鳥のなりは何れもこがら哉/貞徳

逆光を色鳥戻り来たりけり/湯川雅

俳句例:21句目~

色鳥や黒姫よりの雲の帯/久米正雄

色鳥のこゑ落すべし香時計/岸田稚

空腹感戻らば奇蹟色鳥よ/相馬遷子

色鳥や道の消えたる古峠/野村喜舟

色鳥や末社の並ぶ松の中/前田普羅

色鳥や新隣人の新夫妻/百合山羽公

色鳥や山に恋々生丸太/百合山羽公

色鳥を待つや端居の絵具皿/松瀬青々

色鳥を秘湯巡りの道すがら/高澤良一

オカリナの音は紬色鳥渡る/小泉静子

雨の庭色鳥しばし映りゐし/中村汀女

主留守色鳥遊びやがて去る/高浜虚子

色鳥の暮れて川原の砂の月/内田百間

山一つ買うて色鳥放ち度し/岩永三女

弟を久しく忘れ色鳥来/宇佐美ちゑ子

色鳥の真顔横顔つくし去る/皆吉爽雨

色鳥の粲然として林を出つ/尾崎紅葉

枝うつりする色鳥に空深し/片岡奈王

色鳥の色のよぎりし水の上/依田秋葭

水際にきて色鳥の色こぼす/津根元潮

俳句例:41句目~

等距離に色鳥を置き君と僕/増田春恵

色鳥の視線の先へ先へ飛び/小林草吾

色鳥は山から来たり宗猷寺/高澤良一

色鳥やむしろすがしき朝の飢/金子潮

色鳥やナプキン尖る朝の卓/橋本榮治

色鳥や上げ汐に淀む橋の影/内田百間

色鳥や切株はもう年とらぬ/中村明子

色鳥と呼びて愛しむ心かな/富安風生

色鳥に乾きてかろし松ふぐり/原石鼎

色鳥や妻来るはずの曲り角/牧野桂一

色鳥に杜の校舎の時の鐘/島村元句集

色鳥に袖を引かれぬ翁道/櫛原希伊子

色鳥や日のぬくもりの裁鋏/斎藤道子

色鳥や明治のままの疎水橋/桂樟蹊子

色鳥や木の齢にも老と妙/上田五千石

色鳥や枕はづして父病めり/小川千賀

色鳥や潮を入れたる浜離宮/宇田零雨

色鳥のわたりあうたり旅やどり/園女

色鳥や煉瓦学部の明治ぶり/桂樟蹊子

色鳥や長寿の葬は婚に似て/高橋悦男

俳句例:61句目~

色鳥や離宮に遠き栄華の世/大橋敦子

色鳥や饑くなりし草の丈/佐々木六戈

色鳥の又今日も来て又掃除/上野章子

色鳥や饑くなりし草の丈/佐々木六戈

色鳥をよそ目に煤寒雀/竹下しづの女

ちら~と色鳥のくる伊豆の風呂/飴山實

ゆふいんに妻と遊べば色鳥来/高澤良一

主婦機嫌庭に色鳥よく来去る/星野立子

全山のほむらを曳きて色鳥は/橋本榮治

色鳥の羽音のなかの父の墓/大木あまり

色鳥やわが靴のいつ磨かれし/福永耕二

色鳥や霧の晴間の日の匂ひ/大場白水郎

色鳥やケーキのやうなベビー靴/轡田進

色鳥の来てわが庭の雨にぬれ/山口青邨

色鳥のやうな吾娘連れ山遊び/渡辺恭子

色鳥をききわけて山深みけり/大本美沙

色鳥が来てゐる大和言葉かな/細川加賀

色鳥を彩るは樹々かも知れず/黒川花鳩

色鳥に女かなしびの眉を描く/三橋鷹女

色鳥のこゑの高まる留守居かな/井上雪

俳句例:81句目~

瀬を早み色鳥の声はるかにす/臼田亜浪

色鳥のねし木なるべし夕月夜/玉川湃山

色鳥のみな枝に居る静けさよ/岩田由美

色鳥を見かけしよりの旅帰り/稲畑汀子

色鳥を遊ばせおはす慈母観音/原田衣子

色鳥の中のひとつをわが愛す/高橋睦郎

色鳥の出入りゆかし御室御所/高澤良一

色鳥の去年と異なる何を見し/松田峯白

足寺の跡わずかに高し色鳥来/高井北杜

色鳥の啄みをるは隠れなき/水原秋櫻子

色鳥の来しよと主婦や襷がけ/星野立子

色鳥の曳き来し色を枝に置く/高石幸平

色鳥の映ることあり山葵沢/瀧澤伊代次

色鳥や一夜に晴れし神の山/深見けん二

色鳥や何れも暗き木の眉間/河原枇杷男

色鳥の舌は真黒かも知れぬ/関口眞佐子

色鳥の目も覚めやらぬ御神域/高澤良一

色鳥や女ばかりの露天風呂/小俣由とり

雲を滾れ来し色鳥に露台あり/久米正雄

色鳥や子に新しき楽譜買ひ/市ヶ谷洋子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ