季語/橡の実(とちのみ)を使った俳句

「橡の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「橡の実」について

【表記】橡の実

【読み方】とちのみ

【ローマ字読み】tochinomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・栃の実(とちのみ:tochinomi_)

季節による分類

・「と」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

橡の実を含む俳句例

と青柚と橡の実を一つ/飯田蛇笏

凶年の心得橡の実を食す/高澤良一

橡の実や谷川ほそしけふの月/鳩枝

栃の実や夕雲白く谷に満つ/瀧春一

入波や栃の実を投げ日本海/榎本好宏

橡の実が落つに御車止らず/萩原麦草

栃の実のひと笊さらし雪間水/下田稔

橡の実の枝に当りて落つる音/武田操

栃の実の落つる力の水の上/菖蒲あや

橡の実のつぶて颪や豊前坊/杉田久女

橡の殻橡の実焦げし焚火跡/茨木和生

橡の実を吊りて草屋の軒低し/大橋鼠洞

橡の実を磨くたんねん父遠し/宮坂静生

橡の実や幾日ころげて麗まで/小林一茶

橡の実の熊好む色してゐたり/右城暮石

坊の傘借りて栃の実拾ひけり/成沢富子

栃の実の小石にまじる焼き畑/沢木欣一

橡の実のからころ母の薬箱/菊池/九葉

栃の実や隠し了せし武田菱/篠田悌二郎

橡の実の打ちて泉の面ゆがむ/前田鶴子

俳句例:21句目~

栃の実を砕きし臼か土用干し/沢木欣一

橡の実の小石にまじる焼き畑/沢木欣一

橡の実落つ寝釈迦北枕でありぬ/小堀葵

橡の実や雲の身近きこゝは飛騨/山口草堂

橡の実の山川まろぶひとつかな/飯田蛇笏

橡の実の沢ふかき音して落ちぬ/阿部慧月

橡の実をふたつひろへば峠冷ゆ/黒田杏子

橡の実を呼び水にして橡餅売る/高澤良一

橡の実を握るや力湧くごとし/石田あき子

固まりて日ざす橡の実滝しぶく/松村蒼石

栃の実や皿に影濃きエスカルゴ/関森勝夫

橡の実のでこぼこ拳の中で消ゆ/小檜山繁子

栃の実がふたつそれぞれ賢く見ゆ/宮津昭彦

掌に重もる栃の実の過去欝として/豊山千蔭

橡の実を拾い胸には赤い羽毛/長谷川かな女

橡の実がふたつそれぞれ賢く見ゆ/宮津昭彦

栃の実をいのちよろこび拾ひけり/佐野良太

橡の実二つころがりさうに稿の上/桜井博道

栃の実のうしろの山がうごきけり/細川加賀

萎びさす橡の実死蔵といふべきか/高澤良一

俳句例:41句目~

手の中に覚めしくろがね橡の実よ/加藤知世子

山の子に待たれて橡の実の落つる/水田のぶほ

栃の実を踏みしが木曾のはじめかな/藤田湘子

あきらめて橡の実ころげ出でにけり/前田普羅

橡の実の屋根打つ音に覚めにけり/平岡喜美子

橡の実のすとんと落ちて仕舞ひけり/井桁白陶

禰宜の沓とどまり橡の実をひろふ/大橋櫻坡子

橡の実拾ふ持つこゝろはつきりお墓に詣る/安斎櫻カイ子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ