季語/蟷螂(とうろう)を使った俳句

「蟷螂」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蟷螂」について

【表記】蟷螂

【読み方】とうろう

【ローマ字読み】toro_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鎌切(かまきり:kamakiri)

・とうろう(とうろう:toro__)

・斧虫(おのむし:onomushi)

・いぼむしり(いぼむしり:ibomushiri)

・いぼじり(いぼじり:ibojiri)

・拝み太郎(おがみたろう:ogamitaro)

・かまぎっちょ(かまぎっちょ:kamagitcho)

・小かまきり(こかまきり:kokamakiri_)

・祈り虫(いのりむし:inorimushi)

季節による分類

・「と」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

蟷螂を含む俳句例

蟷螂の尻太に翅広げけり/篠原

蟷螂の卵も焼かれ夕焚火/一雄

蟷螂の頭を下に大文字/岸本尚毅

蟷螂の聊か誇る心かな/会津八一

神託を聴く蟷螂の面構へ/松本旭

野の風や蟷螂生る雷神/島田五空

蟷螂や生涯一歩退る癖/上野泰子

秋風や蟷螂肥て蝶細し/正岡子規

蟷螂に睨まれてゐる立話/仲澤昭

蟷螂の紙打つ音や紙袋/会津八一

蟷螂に後裔はなし造船区/津田清子

蟷螂の白き腹みせ夜の窓/奥山昌美

斑鳩の蟷螂勾玉色の瞳よ/大橋敦子

蟷螂やいぼ神様の腹具合/二村典子

蟷螂に指さす母や乳母車/大熊義和

朔日の風蟷螂の貌を吹く/高澤良一

蟷螂は渋民村の土の色/菅原多つを

素浪人風の蟷螂振り返る/高澤良一

蟷螂の夢見て逃げる胡蝶かな/如行

蟷螂の武運拙き最後かな/会津八一

俳句例:21句目~

美しき屍よ蟷螂の容して/古舘曹人

蟷螂が片手かけたりつり鐘に/一茶

蟷螂の斧延したる骸かな/会津八一

蟷螂の夫は妻に喰はれける/森鴎外

蟷螂の斧を引きゆく小蟻哉/森鴎外

蟷螂の青の一歩よ怒濤音/佐川広治

風の日の蟷螂肩に来てとまる/篠原

蟷螂の遁走斧を恃まずに/大橋敦子

額艶やかに蟷螂の妙好人/高澤良一

頂きに蟷螂のをる紫苑かな/上野泰

青蟷螂生兵法の斧を振る/高澤良一

蟷螂のをののく霧の障子かな/舟月

金剛の露の蟷螂斧上ぐる/川端茅舎

蟷螂と戦争一つ日の下に/高澤良一

西日さす蟷螂の頸影細し/会津八一

先づ出方窺ふ戦も蟷螂も/高澤良一

行秋を蟷螂の斧重げなり/寺田寅彦

八方に身構へ生くる蟷螂か/樋笠文

かまきりや日傭も同じ蓬が杣/露章

蟷螂の三角の顔夜を徹す/林原耒井

俳句例:41句目~

蟷螂の翅まだ青き十二月/高澤良一

蟷螂の何を以てか立腹す/夏目漱石

白虹日を貫いて蟷螂起つ/石井露月

底深き箪笥覗かる蟷螂に/石川文子

蟷螂の眼の秋や青二点/島村元句集

蟷螂の怫然として振り返る/会津八一

蟷螂の怒りに触れし妻の杖/水野柿葉

秋深し目につきやすき蟷螂/林原耒井

秋雨や蟷螂蹂る下駄の跡/島村元句集

秋風や蟷螂の屍骸起き上る/内藤吐天

蟷螂の一剣客と出会ひたる/高澤良一

蟷螂の廂をのぼる野分哉/金尾梅の門

紫の翅はかくせり女蟷螂/長谷川秋子

緑眼の蟷螂生身の斧をあげ/福田蓼汀

蟷螂に隠元採る手控へけり/西山泊雲

蟷螂の小肱とらん今日の月/浜田酒堂

草むらや蟷螂蝶を捕へたり/高浜虚子

蟷螂の天地転倒して逝けり/古館曹人

藁持って青蟷螂を指南せる/高澤良一

露の萩蟷螂は待ち蟻走る/田川飛旅子

俳句例:61句目~

野分して蟷螂を窓に吹き入るる/漱石

蜂舐ぶる舌やすめずに蟷螂/山口誓子

蟷螂のあはれ錆鎌構へけり/下村梅子

蟷螂生れ神は陋巷に崇めらる/菅裸馬

蟷螂の両眼貌にをさまらず/土生重次

蟷螂のいたくも長けぬ初嵐/林原耒井

蟷螂生る鉱泉宿が茶殼干す/皆川盤水

蟷螂や露ひきこぼす萩の杖/立花北枝

蟷螂壁に白日濁る野分かな/西山泊雲

蟷螂や西に乱るるちぎれ雲/会津八一

蟷螂や広野の風にうち向ひ/小杉余子

蟷螂の大仏殿に飛びこめり/三枝正子

蟷螂や露ひきこぼす萩の杖/立花北枝

蟷螂も戦もキッと身構へて/高澤良一

蟷螂は斧ふりかぶり活人畫/京極杞陽

蟷螂は千人斬りの構えなり/高澤良一

蟷螂の顔の三角ピタゴラス/浦野菜摘

蟷螂の動かぬ怒りとも思ふ/草野春汀

蟷螂の貌ぬっとあり投函す/杉浦幸子

蟷螂の闘ふすがたして生る/上井正司

俳句例:81句目~

蟷螂の翅にも山の露降りて/高澤良一

蟷螂の緑眼人を見据ゑをり/西川文子

蟷螂の終に拡げし翅かな/島村元句集

夕凪や蟷螂鎌を嘗むる也/島村元句集

蟷螂が飛んで真暗闇に消ゆ/田中裕明

小さな草が蟷螂を含みしか/金田咲子

蟷螂の雄を消したる咀嚼音/吉田輝二

蟷螂の解く由もなき怒かな/会津八一

中古の斧を振りあげ蟷螂は/高澤良一

蟷螂に午後の紅茶の香る窓/宮武寒々

蟷螂の落魄の貌吹かれをり/佐藤国夫

蟷螂の何うべなへる聖母前/三宅句生

持てる翅忘れ蟷螂すぐ怒る/津田清子

蟷螂の吹かるる貌の翁さび/奥野桐花

蟷螂の真青に垣の雨晴るゝ/内藤鳴雪

蟷螂の音に怯えし顔したる/宮津昭彦

蟷螂の草刈る傍に生れけり/尾崎紅葉

蟷螂の貌は先刻暮れてをり/市堀玉宗

蟷螂の登攀そこに壁があり/高澤良一

蟷螂や二つ向きあふ石の上/正岡子規

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ