季語/山女(やまめ)を使った俳句

「山女」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山女」について

【表記】山女

【読み方】やまめ

【ローマ字読み】yamame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・山女魚(やまめ:yamame_)

・あまご(あまご:amago)

・あめご(あめご:amego)

・あめのうお(あめのうお:amenoo)

・えのは(えのは:enoha)

・まだら(まだら:madara)

・ひらべ(ひらべ:hirabe)

・山女釣り(やまめつり:yamametsuri)

・五月山女(さつきやまめ:satsukiyamame)

季節による分類

・「や」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

山女を含む俳句例

蜜柑山女の肌に血肉満ち/桂信子

立山の雨の雪代山女かな/福島勲

山女釣青葉咥へて川通し/上村占

蛭除けの塩携ふや山女釣/野原春醪

飯台は一枚の板山女宿/上野さち子

頬被り男まさりの山女/岩本/周熈

粧ひして旧正月の山女/楠目橙黄子

白河の関を遡りし山女釣/斉藤夏風

鉄砲水跡一戸建つ山女宿/田村恵子

山女釣より戻りきし濡鼠/清崎敏郎

昼の星見ゆ幽谷に山女釣/松浦真青

荒瀬浪殺到し来る山女釣/福田蓼汀

大粒の雨が肘打つ山女釣/飯田龍太

水嵩増し濁ると山女釣仕度/福田蓼汀

青天に昼月雪しろ山女釣る/野澤節子

雪代山女湖底の村の上泳ぐ/宮津昭彦

釣山女光る瀬波に戻しけり/松田/聖

上流のその上流の山女かな/京極昭子

山女釣熊笹葺いて谿ごもり/山口青邨

金串は山女の六腑貰けり/阿波野青畝

俳句例:21句目~

蕗の葉に山女三匹空青し/福田甲子雄

岩窪を生簀となしつ山女釣/田中七草

己が影水に落さず山女釣る/山田庄蜂

夕焼の赤き山女を岩にならべ/瀧春一

巌を打つ水の雄心山女釣り/飯田龍太

花ぐもり笹原くだる山女釣/滝井孝作

山女焼く框は冷たかりしかな/森田峠

紅葉山女に逢ふは怖ろしき/品川鈴子

山女突く少年厳の香を放ち/三森鉄治

瀬に立ちて山女を串に刺す漢/瀧春一

湖昏れて山女焼く焔の美しく/菅正子

川風のぶつかる岩場山女釣/高澤良一

山女釣発電所の橋渡りけり/田中冬二

泉水に山女も活きて鮎の宿/滝井孝作

山女飼ふ水に沈みて山の音/山口草堂

水鏡ゆるがず山女癇走る/中戸川朝人

梶の葉に二星へそなふ山女/飯田蛇笏

筏場を訪ふは吾等と山女釣/山田弘子

幼くて雪代山女反りにけり/黒田杏子

飯盒洗ふ山女の瀬水手強しや/山口草堂

俳句例:41句目~

世のことを雪代山女焼きつゝも/飴山實

吹かれては山女を散す葛のひげ/飴山實

塩打てば十四五匹の山女の歯/野呂田稔

大杉を忘れたりしよ山女食ふ/金田咲子

奥蝦夷へ山女釣りにと行く漢/高濱年尾

山女焼くとは大方は塩を焼く/後藤立夫

山女釣りにはかに暮るる厚別/古舘曹人

山女釣る夕光水のごとしなひ/長谷川双

山女釣真葛が谷へ没し去り/楠目橙黄子

山女焼くほうやれほうと子守歌/島みえ

山女釣る朴の下水雲こめぬ/佐野青陽人

山女鮨牡丹ざくらの村なりし/田中冬二

山女焼く古き火色を囲みけり/山田弘子

昧噌汁も山女も渋きひとり旅/山口草堂

水音は山女跳ぶらし淵おぼろ/内山亜川

渓揺らす風の雪代山女かな/石地まゆみ

熊出れば出た時の事山女釣る/原田柿青

硝子器に山女するどき北の国/飯田龍太

笹濡れて山女とどきぬ湯治宿/桂樟蹊子

蕗の葉に包みし山女大いなる/田中冬二

俳句例:61句目~

蕗の薹山女も錆を落しけむ/篠田悌二郎

山女鮓汽車狩勝にかかりけり/田村木国

頭/尾鰭焦げすぎたるよ山女酒/岸田稚

かんじきの踏みあと辿り山女釣/蓑和松徑

山女釣る谷の滾ちのさくらかな/滝井孝作

逃れし斑うつくしかりし山女かな/稲岡長

山女釣る葛のかくせる激つ瀬に/岸風三樓

岩の瀬すこし上ミ手に山女の瀬/高澤良一

沢ありて一人わかゝる山女釣/藤原たかを

山女釣りのぼりゆくばかりなり/赤座閑山

透きとほる水に山女の影よぎる/稲畑汀子

山女釣けふの釣果をこぼしけり/高澤良一

ちりぢりに雪代山女釣りにけり/古舘曹人

一尾の山女を獲たる炉火おこす/木村蕪城

山女らの口肥えて来ぬ青葉どき/高澤良一

山女稚聰くて夏の日を揺れり/柴田白葉女

百姓の帆待ち山女を売りにくる/新島艶女

月いでて岩のしづまる山女釣り/松村蒼石

受く訃報眼前の山女喪の輪なす/岩田昌寿

山女釣晩涼の火を焚きゐたり/水原秋桜子

俳句例:81句目~

山女の斑見えきて夕日すでになし/下田稔

けざやかに口あく籃の山女かな/飯田蛇笏

客あれば鉱泉沸かし山女焼き/石川星水女

大串に山女のしづくなほ滴るる/飯田蛇笏

鵜の嘴に山女がひかりちるさくら/瀧春一

蕗の葉に包んでくれし山女かな/田中冬二

山女釣晩涼の火を焚きゐたり/水原秋櫻子

山女釣来てはプールに泳ぎ出づ/石橋辰之助

山女焼いて少年われにかしづける/木村蕪城

激つ瀬にうつぷし獲たる山女かな/木村蕪城

山女竿つなぐや水の暁けいそぐ/望月たかし

山女釣荒くれ岩をひょいひょいと/高澤良一

山女の斑明らかに水の底ゆけり/大谷碧雲居

底見えて水のみどりや山女釣る/加賀谷凡秋

分校をのぞいてゆきし山女釣り/小川背泳子

ランプの彩こぼれて串の山女かな/近藤一鴻

夜の明けぬ沢へ踏み入る山女釣/杉戸むさ志

飛騨にをり木の葉山女といふ頃に/茨木和生

動きしは落葉山女か渓暮れゆく/篠田悌二郎

蚕飼女に氷川の山女五尾とゞく/長谷川かな女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ