季語/夕立(ゆうだち)を使った俳句

「夕立」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夕立」について

【表記】夕立

【読み方】ゆうだち

【ローマ字読み】yudachi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ゆだち(ゆだち:yudachi_)

・よだち(よだち:yodachi)

・白雨(はくう:haku)

・夕立風(ゆうだちかぜ:yudachikaze)

・夕立後(ゆうだちご:yudachigo)

・夕立晴(ゆうだちばれ:yudachibare)

・夕立つ(ゆうだつ:yudatsu)

季節による分類

・「ゆ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夕立を含む俳句例

夕立やしか傘の一ツ松/柏延

白雨や泊りの関札昼休/調玉

夕立や膳最中の大書院/太祇

夕立や草葉を掴む村雀/蕪村

宵祭大夕立の過にけり/一茶

西方の空美しや秋驟雨/上野泰

夕立に肩衣ゆゝし馬の上/青蘿

夕立や童女に蒼き釉/和田悟朗

白雨や膳最中の大書院/炭太祇

むら~と雀が通る夕立晴/普羅

寝並んで遠夕立の評義哉/一茶

白雨や草葉をつかむ群雀/蕪村

夕立や川追ひあぐる裸馬/正秀

夕立や水底遡る渓蛙/飯田蛇笏

白雨や洞の中なる人の声/畏計

白雨に一足はやし旅籠町/此筋

竹垣の大夕立や素湯の味/一茶

白雨や洞の中なる人の声/畏計

夕立や馬駻然と駅人/会津八一

夕立が始る海のはづれ哉/一茶

俳句例:21句目~

夕立に走りて下る竹の蟻/丈草

鶏の座敷に上る大夕立/神蔵器

大夕立金輪際を響かする/月笠

夕立に走り下るや竹の蟻/丈草

夕立に幾人乳母の雨やどり/許六

夕立や隣在所は風吹て/上島鬼貫

白雨にしばらく土の匂ひ哉/徳圃

夕立や下京は草の露もなし/附鳳

蜩や向ひの峯は夕立す/寺田寅彦

夕立の大粒濡らす磧石/右城暮石

白雨や肩をやすめる合羽持/西意

白雨を潜り潜りて街雀/高澤良一

夕立やほつり~と石の上/森鴎外

夕立や筆そゝぐべき潦/井上井月

夕立や砂に突き立つ青松葉/子規

夕立や風をゆり込む軒の芦/曲翠

其の上に美しき空秋驟雨/上野泰

夕立や犇く市の十万家/夏目漱石

水分の神夕立を峯々に/品川鈴子

夕立の山亘りをり青山椒/森澄雄

俳句例:41句目~

白雨に跡かたもなし雲の峯/正白

夕立や扇にうけし下り蜘/炭太祇

夕立に街の灯りの万華鏡/杉本彬

夕立や忽にして谷の音/寺田寅彦

夕立や莚まとひの都麦/上島鬼貫

夕立の晴行かたや揚灯炉/炭太祇

雷夕立関東大気不安定/高澤良一

夕立に小石のふえし道帰る/篠原

夕立やけろりと立し女郎花/一茶

水牛の尻みな尖る夕立晴/石原透

夕立や菱の上飛ぶ水馬/松藤夏山

白雨や門脇どのゝ人だまり/蕪村

夕立や鼠巣に死ぬ茶の木原/暁台

夕立やかみつくやうな鬼瓦/一茶

夕立と戦つてをり庇反り/上野泰

夕立に独活の葉広き匂かな/其角

夕立や蛙の面に三粒程/正岡子規

釣鐘へ斜に山の夕立哉/升本翠華

水鳥の夢驚かす驟雨哉/寺田寅彦

夕立来烏蝶飛び烏飛び/川端茅舎

俳句例:61句目~

夕立は貧しき町を洗ひ去る/青々

夕立の空傾けて妙義山/川崎展宏

夕立の松の雫や御旧趾/山本洋子

夕立に立往生の五能線/高澤良一

夕立のとりおとしたる出村哉/一茶

驟雨来白馬の美田輝かせ/高澤良一

夕立のみ馳けて向日葵停れる/篠原

驟雨来て朝の大正池壊す/高澤良一

夕立の一寸法師庭に跳ね/望月喜好

夕立の前ぶれ雨や紅蜀葵/中村汀女

照りまけて夕立雲の崩れけり/猿雖

驟雨に和す樹下群羊の反芻音/林翔

夕立の早足慶良間海峡へ/横山白虹

淡うして大夕立のあと戻る/松澤昭

山砂の崩るる白さ夕立あと/杉本寛

夕立の沖には裸船頭かな/藤野古白

夕立の真只中を走り抜け/高浜年尾

夕立の立つ頃ほひも霙降る/森田峠

鏡中に西日射し入る夕立あと/誓子

銀色の白雨に河原葦の霧/北原白秋

俳句例:81句目~

大夕立金輪際を響かせつ/中島月笠

西吹くや白雨せまる野路の人/大魯

街驟雨人形の眼の氾濫す/対馬康子

行水や沛然として夕立す/子規句集

夕立の簾湖水を渡り来る/田中冬二

山の町巒気驟雨となりて罩む/林翔

蓮萬朶白雨すらん彌陀の國/中勘助

夕立の衰へ樂の音続く/池内友次郎

海上を驟雨きらきら玉椿/岸本尚毅

法隆寺白雨やみたる雫かな/飴山實

檜枝岐村の夕立幕間めき/高澤良一

夕立や堂の仏はさま~に/尾崎迷堂

篠懸の皮噛む虫や夕立雲/渡辺水巴

夕立や大いさかいの天窓から/一茶

棉の花白し夕立の峯一つ/山口青邨

桑の葉をたたく夕立奥三河/杉本寛

祖母山も傾山も夕立かな/山口青邨

夕立や我罪ゆるせ天つ神/寺田寅彦

夕立や戸隠人の竹編める/田中冬二

一滴の天王山の夕立かな/大屋達治

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ