季語/含羞草(おじぎそう)を使った俳句

「含羞草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「含羞草」について

【表記】含羞草

【読み方】おじぎそう

【ローマ字読み】ojigiso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・知羞草(おじぎそう:ojigiso_)

・眠草(ねむりぐさ:nemurigusa)

季節による分類

・「お」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

含羞草を含む俳句例

眠草眠りつくまで窓に置き/神蔵器

雨近き雀かしまし含羞草/巌谷小波

幼子の触れて驚く含羞草/山根きぬえ

花つけて勘の鈍りし含羞草/藤丸紅旗

覿面にその葉畳める含羞草/高澤良一

不可解の世に処す術や含羞草/老川敏彦

含羞草夜は文机にやすまする/石川桂郎

恋女房となりたし雨の含羞草/玉川行野

清拭のすむ間を待てよ含羞草/石川桂郎

無理算段潮垂れてゐる含羞草/田口一穂

眠草静かにさめるところかな/山田美好

道の終りねむりまばらな眠草/佐藤鬼房

ねむり草叩き走りて山雨急/七木田北思

含羞草とは気付かずに触れしかな/湯川雅

含羞草ねむらせ眠りたくない子/河野美奇

含羞草恋を知る目をなごませる/海藤道子

風ふれし葉を半たたみ含羞草/向井/曽代

含羞草いつも触れゆく看護婦あり/石田波郷

触れてみて紛れなかりし含羞草/松田志げお

ねむり草眠らせてゐてやるせなし/三橋鷹女

俳句例:21句目~

ねむり草睡れるままに植ゑらるる/奈良文夫

いま欲しきもの問はれをり含羞草/石田あき子

ねむり草いくさ忘れしことわすれ/八木三日女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ