季語/暦売(こよみうり)を使った俳句

「暦売」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「暦売」について

【表記】暦売

【読み方】こよみうり

【ローマ字読み】koyomiuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・暦配り(こよみくばり:koyomikubari)

季節による分類

・「こ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

暦売を含む俳句例

札幌の狸小路の暦売/白井新一

暦売恋の二人を見送れる/轡田進

暦売夢判断も取り揃え/高浜虚子

暦売る門前町の古本屋/土屋孝子

門前のけふ福相の暦売/太田昌子

群集の中の一点暦売り/対馬康子

終電車までの一服暦売/白井爽風

暦売南無観音の扉かげ/川端茅舎

片脚は桐の棒なり暦売/河野静雲

港深く原潜灯り暦売/加倉井秋を

懐に小犬を入れて暦売/下山宏子

暦売一番星を見上げゐし/渡辺恭子

だみ声に覚えの顔や暦売/平賀扶人

ひそと鳴る水をそびらに暦売/黛執

ほうかぶりして懐手して暦売/曲室

山の田のみな舟形や暦売/小林貴子

雑踏におのれを暗く暦売/鷹羽狩行

人波の流れやまぬに暦売/富安風生

今昔や九時の暗さの暦売/石川桂郎

選り迷ふ夫に微笑む暦売/山口恵子

俳句例:21句目~

街燈の影の二重に暦売/米澤吾亦紅

思はざる方に星あり暦売/村沢夏風

指先の出し手袋の暦売り/今泉貞鳳

火の島やその日帰りの暦売/藤後左右

無言にて座りしままの暦売/松尾隆信

煙草のむ他は無口に暦売り/加藤耕子

言問の橋をうしろに暦売り/佐川広治

仁王立ちして時とどめ暦売/浦野芳南

市人にまじりあるきぬ暦売/飯田蛇笏

暦売きのふの寒さ語りけり/白岩三郎

暦売り伝法院の前に出る/村中/美代

鳩騒を足もとに溜め暦売る/中村明子

暦売手相を診ると掲げけり/野中亮介

暦売知らぬ月日を抱へ持つ/吉屋信子

泉岳寺今日の人出に暦売/竹内万紗子

かうかうと欠けたる月や暦売/藺草慶子

暦売古き言の葉まをしけり/松本たかし

暦売しばらく雨をかぶりけり/村山古郷

暦売る水天宮前秋のゆく/長谷川かな女

暦売しばらく雨にぬれにけり/村山古郷

俳句例:41句目~

暦売一つ売れまたぽつねんと/奈良文夫

巨船出でしあとの大路の暦売/飯田龍太

暦売る人の流れを押しとゞめ/野村久雄

仲見世の端のくらき灯暦売る/根岸善雄

言問の橋守りのごと暦売り/磯貝碧蹄館

仲見世の人の隙間の暦売/坊城としあつ

三条小橋ともりそめたり暦売/橋本榮治

高浪をうしろにしたり暦売/大峯あきら

胼の手に暦売るより外なきか/神山杏雨

さし出してばら~吹かれ暦売る/皆吉爽雨

しぐれては松あざやかに暦売/鷲谷七菜子

暦売ふるき言の葉まうしけり/松本たかし

暦売る家あり奈良の町はづれ/五十嵐播水

暦売るリア王のごと地に座して/草間時彦

影すでに凍てておるなり暦売/田川飛旅子

暦売ポケットの手を出しもせず/三村純也

暦売り遠くの富士を見てゐたり/古見史子

店並みの切れて風立つ暦売/鍵和田ゆう子

耳たぶとあそんでゐたる暦売/藤田あけ烏

暦売り古き言の葉まをしけり/松本たかし

俳句例:61句目~

今日もまた雪の気配や暦売/久保田万太郎

あしもとに闇濃くためて暦売る/田代香代子

まなじりでひそとわらひぬ暦売り/鍵和田ゆう子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ