季語/買初(かいぞめ)を使った俳句

「買初」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「買初」について

【表記】買初

【読み方】かいぞめ

【ローマ字読み】kaizome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初買(はつかい:hatsukai)

季節による分類

・「か」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

買初を含む俳句例

両国の初買やこれ福寿草/文車

買初の紅鯛吊す炬燵かな/犀星

買初のメモ靴墨と神曲と/飛旅子

買初の持ち重りして浜鰯/堤京子

坂町や狸の筆を買初す/井桁白陶

初買の鶯笛もその一つ/伊藤柏翠

買初に雪の山家の絵本かな/鏡花

買初めは豆腐に芹の一握り/登良

買初や買ひ疲れたる女の瞳/白葉女

ふるさとの買初の菓子毛利公/蓼汀

買初や鱈一本を鱈昆布に/野村喜舟

初買の異国書インキ匂ひけり/洋一

初買は零本ながら神名帳/加藤郁乎

年の瀬に買ひ惜みしを買初に/林翔

浅草や手に乗る纏買初に/奥村八一

初買や博多のものゝ帯人形/白水郎

買初の清水坂のとある店/上田はる

芯太き大山独楽を買初に/北澤瑞史

買初の煙草の小窓すぐ締まる/龍男

買初は南天の木の長寿箸/中村和子

俳句例:21句目~

買初にかふや七色唐辛子/石川桂郎

買初めの釣に新札二/三枚/山崎篤

買初や念願叶ふペア時計/山田節子

買初に寒紅の口切りにけり/橡面坊

買初の弾み心につかまりぬ/稲畑汀子

幕間や五色の独楽を買初に/千手和子

海へ行く切符一枚買初に/小野恵美子

色足袋を買初めに町ぬかるみて/綾子

買初の小すこし猫のため/松本たかし

買初や壺の山疵惜めども/水原秋櫻子

買初や母に佳き椅子贈らんと/轡田進

買初の花屋の水をまたぎけり/小島健

買初の帚の先の青さかな/岡部名保子

初売の初買の菜の濡れふかし/岡本眸

買初の釣銭折り目なき紙幣/田中俊尾

小遣で子が買初の童話選る/奈良比佐子

買初となすしろがねの干鰈/岡本差知子

買初めの色のほのほの五色豆/高澤良一

買初にしてふくれ初め乙女なれば/楸邨

買初に連れだちて榾負女たち/井上史葉

俳句例:41句目~

買初のこけし一つを妻に渡す/皆川盤水

買初めの言問団子横にすな/遠山喜美子

買初の座椅子を据ゑて机かな/石川桂郎

買初の細君しわきめでたさよ/尾崎紅葉

初買に父似の達磨選びけり/川村はるか

買初の蜜柑小粒に患者たち/石田あき子

初買の鍬の柄に書く年月日/上野さち子

買初の山越ゆるなる夜立かな/新明紫明

買初の目にあたらしき文房具/道山昭爾

子に似合ふネクタイ母の買初は/堀口婦美

買初に吹かれ出てゆく妻子かな/清原枴童

買初に降りて地階の灯に沁みぬ/西村公鳳

買初のビール自販機よりごとん/奈良文夫

買初の花菜つぼみを一とつかみ/宮岡計次

初買いの飾りボタンは夢の色/中村喜美子

初買に出ばやどてらを引かけて/角田竹冷

買初めのはなびら餅の小箱かな/鈴木しげを

ためらひつ我が物ばかり買初に/沢田しげ子

買初と言はれ気がつくほどのもの/浅野右橘

子や待たん初買物の飴幾顆/『定本石橋秀野句文集』